神奈川発釣りブログ 釣れ然なるままに

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

8月発売!シマノ新商品コルトスナイパーSS

スポンサーリンク

間も無く梅雨明け。

梅雨明けとともにヒラスズキはオフシーズンになります。

 

その代わりにくるのが青物シーズン。

ショアの中では一番パワーファイトができるのが青物。

またヒラスズキのように単発を拾っていくのではなく、群れに当たれば大型青物連チャンなんていう最高の釣りができます。

 

その分、ショアジギング、ショアキャスティングは過酷な釣りでもあります。

長時間のキャスト、大型魚とのやりとりと体力が必須になる釣りです。

 

そんな疲労困憊を軽減すべくはロッドの性能にあります。

ロッドの性能が良ければキャスト寺の負担、ファイト時の負担が軽減されます。

 

ほんとかよ?

 

と思う方もいるでしょう。

本当です。

性能のいいロッドの方がキャストの疲れもなくかっとばせます。

 

一応言っておくと性能のいいロッドであって高いロッドではありません。

高いからいいというわけではなく安いからダメというわけでもないのです。

 

今回はシマノから発売される新商品

コルトスナイパーSS

についてご紹介しようと思います。

シマノ新商品コルトスナイパーSS

f:id:kyoya7zon:20190717101443p:plain

今回発売されるコルトスナイパーSSはコルトスナイパーシリーズの中堅機種になります。

 

高い順に

コルトスナイパー エクスチューン

コルトスナイパー 無印

コルトスナイパーSS

コルトスナイパーBB 

という順番です。

 

コルトスナイパーBBがとにかく安いので入門機には最適。

しかしスペックなどを考えるともうワンランク上が欲しい。

 

そのワンランク上がコルトスナイパー無印になるので費用的にも跳ね上がっていました。

今回その穴埋めとも言えるポジションでコルトスナイパーSSが発売されます。

 

価格帯

コルトスナイパーSSの価格は

28000円前後。

 

実売価格は2万円ちょっとになりそうです。

コルトスナイパーBBは機種にもよりますが18000円ほどで売っています。

 

いろんなジャンルからしてコルトスナイパーSSは中堅クラス。

中堅の入門と言った位置付けになります。

 

性能

コルトスナイパーSSと比較するのはコルトスナイパーBB。

当然コルトスナイパーBBより性能が良くなっています。

f:id:kyoya7zon:20190717102137p:plain

コルトスナイパーSSの特長、BBとの比較。

ブランクス素材のグレードアップをベースに軽量設計が施されたSSシリーズ。

BBシリーズと比較すると、パワー&強度が大幅にアップされ、高負荷時の安定したファイトを実現。

キャストブレの低減による飛距離の向上、シャープな操作感に加え、疲労軽減も達成しています。

http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/5804

 キャストブレの低減。

これは非常に重要になります。

 

キャストブレがあれば飛ばないのはもちろん、その分腕や手首、握力に負担がかかってきます。

これがロッドによってサポートされていると疲労は軽減。

 

他のロッドにも共通しますがスパイラルXが搭載されているロッドは反発で飛ばす感じがダイレクトに手に伝わってきます。

一度スパイラルXを体感すると戻れない、そんな技術です。

 

ラインナップ

S96M

S100M

S106M

 

 

S96MH

S100MH

S106MH

 

S96H

S100H

S106H

 

Mミディアム

リールサイズ 4000〜6000

プラグ MAX45g

ジグ MAX60g

PEライン 2.5号

 

ライトショアジギングモデルになります。

6kg以下の青物を想定。

 

MH ミディアムハード

リールサイズ 5000〜8000

プラグ MAX65g

ジグ MAX80g

PEライン 3号

 

スタンダードモデル。

様々なフィールドで対応できる。また基本的な青物ルアー、メタルジグなら投げられます。

8kg程度の青物を想定。

 

H ハード

リールサイズ 5000〜14000

プラグ MAX85g

ジグ MAX100g

PEライン 4号

 

ガチなショアジギングモデル。

大型青物、沖磯でヒラマサを取るにはこのクラスのロッドが必要です。

逆に言えばこれ以上がないのでこのロッドでダメならその魚はモンスターです。

 

まとめ

比較的いい価格帯で買いやすいところです。

コルトスナイパーをすでに持っているならサブとして考えてもいいでしょう。

 

またコルトスナイパーBBを使っているならステップアップにいいですね。

 

Mクラスと8月に発売されるストラディックC5000と合わせるのもいいかな。

 

関連商品