釣れ然なるままに

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

釣れ然なるままに

格安でおすすめ偏光サングラス3選

偏光サングラスは様々な釣りにおいて必須に近いアイテムとなりました。

フカセ釣りやウキを使った釣りではウキを見やすくするため、さらには仕掛けの入り方を見るため。コマセに反応する魚を見るために重宝します。

ルアーにおいてはしっかりルアーが泳いでいるか、シモリ根の確認、チェイスを見る、ベイトフィッシュを確認することに役立ちます。管釣りのクリアのところでは偏光グラスをしているとドキドキするようなこともあって面白さが倍増します。

今回は私が使ってきた中でおすすめを3種類ほどご紹介したいと思います。

f:id:kyoya7zon:20171210191857j:plain

 

偏光サングラスの種類

プラスチック、ガラスとメガネ同様素材がいくつかあります。一番見やすいのはガラスのようですが過酷な環境で使うにはちょっと耐久力に不安があります。

レンズカラーによって天候や水の色によって見え方が変わります。

色々持っておく必要はないと思いますのでひとまず無難な茶色か灰色。これであればだいたい見えるはず。夜明けや曇天だとやはり少々見にくくはなりますが・・・

 

また通常のもの、メガネに付けられるもの、メガネの上から被せられるもの、帽子のツバに付けられるのもがあります。私はメガネ愛好家ですが磯ではコンタクトにして偏光サングラスをしています。防波堤では帽子につけるものかメガネにつけるもの。

メガネの形状によってつかないものもあり、最近のものは曲面レンズでないものが多いのでご自身のメガネ似合うものを選ぶようにしましょう。

磯でメガネと併用しない理由は飛沫が多いため拭いてもすぐ曇ってしまうからです。サングラス単体でこのような状態になるのでメガネと併用すると二倍のめんどくささ。なのでコンタクトをしています。

 

偏光サングラスの価格

高いものから安いものまで、釣り用のものとそうでないものと様々です。

釣り用のものはやはり水中が見えやすく、水面のギラつきを抑えてくれます。そのほかのものでも最低限の効果はあるのでご予算次第でお選びになるのがよろしいかと思います。私は格安なものを使っています。

磯がメインのため傷がつく、壊れるリスクが大きい。そこでいいものを使いたいのが本音ですがやってしまった時に後悔しそうなので。。。

いつもかけている赤い偏光サングラスはユニクロで1500円ですからね!笑

だいぶ傷が入ってますがまだ見えるので節約。。。

 

おすすめ3選

 ユニクロ 偏光サングラス

 

f:id:kyoya7zon:20171210191937j:plain

 

お店のサングラスの棚に置いてあります。偏光のものにはシールが貼ってあります。

個体差が凄まじいので歪みなど店頭でチェックしたから買ったほうがいいです。私が買った時はこのタイプが6個、そのうち4個に歪みが見受けられました。

 コールマン クリップオン

メガネの上から装着できるタイプです。お手持ちのメガネが平面であれば割と快適に見えるはず。曲面レンズですとちょっと反射が起こる場合があります。

 

帽子装着型偏光サングラス

 

ロボコップと呼ばれることがありますがこれも便利なもの。

 

以上格安偏光サングラスをご紹介いたしました。

格安なので高いものに比べたらちょっと劣りますが無いよりはいい!という方にはおすすめです。また使用しているとどんどん劣化しますので寿命は1、2年と言われております。