釣れ然なるままに written by 小泉 貴久

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

10月30日 三浦海岸サーフ釣行 ヒラメ・イナダ

スポンサーリンク

今日は朝一サーフでヒラメ、フラットフィッシュ狙い。

 

おそらくそれだけではなく、青物またはシーバスが入ってくる可能性も十分にあります。

それが秋の楽しいところ。

 

ですが、今回は可能な限りフラットフィッシュを狙いたい。

青物のボイル、ナブラが起きても動じず、フラットフィッシュだけを狙う精神力はあるのか?

 

ベイト接岸の夜明け

5時半ごろ。

若干薄暗い中入りました。

 

想像していたより釣り人が多いです。

とりあえず、車からすぐのところへいくと、波打ち際にベイトが溜まっていました。

ついてすぐ、目の前にベイトの大群て超ラッキーじゃないですか。

 

薄暗いうちはそのベイトをサワラ、タチウオ?が追い回していました。

この時はあたりなし。

 

次にイナダらしきボイルが多発して我慢できずポッパーを・・・

5時50分ごろです。

f:id:kyoya7zon:20191030123309j:plain

読み通り一撃でした。

シマノ ロックポップ

 

マイクロベイトを拾って食っているようなナブラはやっぱりポッパーが強いですね。

ミノーやペンシルベイトとかだと結構見切られていたりします。

 

マイクロベイトにはポッパーかクリア系がオススメ。

 

何年ぶりだろうか、ヒラメを釣る

イナダを何本か釣った後はフラットフィッシュに戻ります笑

 

まずは水深を把握して底から50cmくらいを狙うといい。

と読みました。

 

水深の測り方は、例えばモンスターショットであれば毎秒50cm沈んでいきます。

着水から5秒で着底したら

50cm×5秒=250cm

 

と言うことになります。

なのでそれに合わせたルアーセレクトをすればいい。

 

今回使ったのはDUEL ミッドダイバー115F

ミッドダイバー115Fは40cm〜120cmを泳ぐことができます。

 

まずは上から様子を見て反応がなければシンペンなどでもっと底に寄せようと言う作戦。

 

でしたがこれも一撃でした。

f:id:kyoya7zon:20191030123912j:plain

最初また青物か?と思ったら引きが違う。

 

これはかなり嬉しい一匹。

 

やはり朝まずめは活性も高く、比較的底から上でも食ってくるようです。

サイズはなんとか40cm超え。

f:id:kyoya7zon:20191030124037j:plain

 

サーフの釣りは面白い。

今年は色々な釣りに挑戦する年なようです。

 

タチウオやったりライトルアーやったりヒラメを釣ったり。

 

恵まれてるなと改めて実感しました。

f:id:kyoya7zon:20191030124416j:plain

今年も後2ヶ月。

がんばっていきましょう!

 

使用ルアー