神奈川発釣りブログ 釣れ然なるままに

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

オフショアジギングはベイト?スピニングの選び方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大物とのやりとりが魅力的なオフショアジギング。

皆さんはスピニング、ベイトどちらのタックルでジギングしてますか?

スピニングタックル、ベイトタックルとありますがそれぞれどのような利点があるでしょう?

  

今回はその利点を考慮した使い分けについて簡単に書いていきます。

 

f:id:kyoya7zon:20190319070740j:plain

 

スピニングタックルでジギング

利点

スピニングリールを使ったスピニングタックル。

経済的な利点をいえば幅広く流用可能なことです。

 

例えば私が使っているツインパワーSW 8000HGはジギングではもちろんのこと、オフショアキャスティング、ショアからのキャスティングでも使うことができる汎用性の高いリールです。

場合にもよりますがラインを巻き替えたり、予備スプールを持っておくことで簡単に幅広い釣りに対応できます。

 

ジギングでの使用上のメリットは操作が安易であるということ。

バックラッシュする可能性も少ないので少しメタルジグを投げて斜めに誘うこともできます。意外とこれが効果的な場面も多いです。

欠点

逆にデメリットとしてはフォール中のあたりが取りにくく、対応が遅れるということ。

ベイトタックルに比べ、フォール中に当たってもベールを返して合わせる、サミングしていてもベイトタックルより対応が遅れてしまうといった点が挙げられます。

またベイトタックルと比較すると巻き上げが弱いと言うところも欠点です。

構造上どうしてもベイトより力の入りにくい状態になるので悩ましいところ。

ベイトの方がドラグ調整も容易でとっさにスプールをサミングすることもできます。

スピニングはスプールを手で抑えてしまうとハンドルから手を離すと言うことになります。

 

ベイトタックルでジギング

利点

ベイトタックルは流用できるのはほぼオフショアに限られます。

とはいえ他の釣り物、例えばLTアジをはじめ様々な船釣りには使用できます。

コマセを使った釣りではスピニングは扱いにくいのでその点ベイトリールの方が船においては汎用性が高くなります。

メリットはフォールのあたりがスピニングに比べて取りやすく、ハンドルを回すだけで対応できる早さであります。

またベイトリールはとにかく巻けるので大物とのファイトでも比較的有利な状態でやりとりが可能です。

もちろんドラグもついていますが親指でスプールを抑えて瞬時に対応できます。

これはスピニングでもできますがベイトリールの方がやりやすいです。

欠点

デメリットは投げにくい、人によっては持ちにくいということ。

投げてしまうとバックラッシュする原因にもなります。慣れてくればマシになりますが慣れないうちは難しいと感じることも多いのでは。

 

また人によってはパーミング・・・つまり握り方が手に合わないということも。

特に大物とやりとりする場合、ちゃんと持っていないとタックルを落として海にさよならしてしまう危険性があります。

 

巻き上げ力がスピニングに比べ強い分、過信してラインブレイクする可能性もあります。ドラグ設定と感覚でこのくらいなら大丈夫、と言う指標を持っておいた方がいいでしょう。

 

まとめ

理想はスピニングとベイト両方のタックルを持っていることです。

ただ予算的に難しい場合は自分のスタイルにあった物を選ぶと良いでしょう。

私の場合はライトジギングはベイト、大物狙いのジギングはスピニングを使っています。

しゃくり、巻き上げの多い釣りですのでやりやすいタックルを選ぶことが望ましいです。

私がライトジギングでベイトを使う理由はお祭りを避けるため。

ライトジギング船は比較的大人数の釣りになります。取り込み時に手間取ると左右の肩に迷惑がかかってしまうのでベイトタックルでゴリゴリ巻き上げます。

対大物でスピニングを使う理由はファイト時持ちやすいから。

慣れの問題ですがベイトタックルだとポロリと落としてしまう怖さがあります。

またゴリ巻きしてラインブレイクしてしまうことも考えられます。

大物狙いのジギング船は同船者も少なく、ファイトは理解していることが多いのでルアーを回収してもらえたりします。とはいえだらだらやっているわけではありません。

またずっと重たいメタルジグをしゃくり続ける釣りですのでタックル自体の重さも十分検討しましょう。ジギングは筋トレです。

これから始めようと思っている方、覚悟してください笑

100mを超え250g以上のジグの場合はマジでやばいです・・・腕パンパン。

 

ライトジギングはそんなことないので安心してください!

 

関連商品