釣れ然なるままに

フリーランスが釣りを中心に気ままに生きる術を身につけるブログ。目標は同世代の年収を超える事です。

12月22日 幻の魚・ヒラスズキ

もう幻とは言わせない。

 

そんな風に言ってみたいものです。やはりヒラスズキはなかなか釣れないことに価値がある気がします。かと言ってシーバスも簡単に釣れるものじゃありませんが笑

 

さて今回はべた凪で朝まずめ短時間勝負をしてきました。

狙いは磯マル。

 

釣行データ

三浦南東部の地磯

ポイント的には小磯でしょうか。それでも潮通し抜群でやや浅めです。

f:id:kyoya7zon:20171222200715j:plain

実釣時間:5時半〜7時半

朝まずめに潮止まりを迎えるのでギャンブル要素がありました。

これで潮止まりでもポイント付近に流れがあるようだったらチャンスかも、と言う考え方です。

水温は14.6度とかなり下がってしまっています。

 

夜明け前

曇りもあり真っ暗な磯。ここで流れをどうみるかと言うとルアーを投げてみて抵抗力で察するしかありません。この日は港側には流れがなく、遠投した沖には流れがある状況。

サーチ的な意味も含めて140と大型のミノーや遠投できるルアーがあるとチャンスが広がりますね。

ただ難しいなと感じるのは

遠投できる大型ルアー

ベイトサイズは8センチほど

ここがどう影響していくのか。現在も考えているところです。結果的には活性が高ければ14センチのミノーでも食ってきます。ですが10センチのDUEL ヘビーショットの方が食いはいいかもしれません。

しつこいようですがヘビーショットは必須アイテムです!笑

 

またはima YOICHI

 

磯マルも青物同様、遠投有利なケースが多い。今年各社から優秀なシンペンが発売されました。シンペン当たり年なのかも。

 

そんなこんなで暗いうちは潮流探し。

行き着いた先で夜明けと回遊待ちをすることに。

 

前触れ

ライトをつけるかどうかの暗さになった頃、何かに当たり始めました。事前情報だとサヨリ、カマスが回遊しているとのことだったのでその可能性も踏まえ14センチのミノーを主軸に遠投。

なんか当たるんだよなって言う時間を数十分。明るくなった時にはっきりと潮目を確認することができました。

 

運よく?潮の流れを絡めているサラシもどきを発見。磯際に流れ込み、それが払い出していると言うことはベイトの流れもそこにあるのではないだろうか。

こうやって予想しているだけでも楽しくなってきます。

 

流れを探る

サラシといってもしょぼい感じ、薄いしあっという間に消えてしまうので本命は沖に流れている潮目だろうと推測。しかしほかを見渡してもこの一部だけ反転流のような感じになっているので手前から探ることにしました。

 

万が一

 

万が一にも足元(しょぼいサラシ)に潜んでいた場合、人がたった気配で警戒されることもあります。特にサラシがしっかりしていない場合は尚更。

磯際から離れた位置にそっと立ち、一発で決める意味でも勝負ルアーを投入。

 

このルアーの使い方でちょうど参考になるのがあるので載せておきます。

使い方はこの動画で鈴木斉さんが使ってる通り。

水面直下を泳ぐミノーです。サイレントアサシン、sasuke裂波より表層を引けます。

 

ヒラスズキが足元でヒット

流れに逆らうように足元のサラシへ入れてピックアップ寸前にヒット。

ものの数秒のやりとりでしたがすぐさま際に駆け寄り、抜きあげました。

f:id:kyoya7zon:20171222211250j:plain

久しぶり!ヒラスズキ!

サイズは48.5センチと三浦のアベレージくらいでしょうか。このサイズでもやはりヒラスズキはパワーがあります。

 

さて、問題のしょぼいサラシとはどんなものか。

f:id:kyoya7zon:20171222211438j:plain

この足元です。いないように見えているんですね。勉強になりました。

 

SHIMANO エクスセンス S1100MH wildcontact

f:id:kyoya7zon:20171222211656j:plain

ディアルーナは入院中のため、新兵器を先週から使用しています。本来であればタフコンディションで使いたいところですがこの日は遠投も必要だろうと思い使用。

f:id:kyoya7zon:20171222211823j:plain

使用感はかなりいいです。適度なハリ、しかし魚を弾かない。とはいえMHなので硬いです。慣れないと使いにくいかも?

大型のルアーは気持ちいいくらいに飛んで行きます。ちょっとリリースポイントを変えればライナーで飛んで行きます。反発力でルアーを弾き出すイメージです。

 

そしておそらくこのロッドの新作が近々発売されると思います。

現在では廃盤らしいので在庫限りのロッドとなっているそうです。

 

初の釣果がヒラスズキとは幸先良さそうな気配。

俗に言う「入魂」と言うやつですか。ちょうどいい機会なので私感を書きたいと思います。

 

顰蹙を買う覚悟で言いますが私はこの入魂という言葉が嫌いです。

魚を殺める可能性がある道具であるのに、魚を釣ったら入魂。魚から魂を吸っているから確かに入魂かもしれませんがそれは魂を込めるというより魂を吸い取っているのでは。刀で言うところの妖刀みたいな感じ。 

いつか書こうと思って今回書きました。別にこの単語を使う人に対して軽蔑しているわけではありません。あくまで表現の自由の元、私はこう思うと言うだけです。

なので今回はエクスセンスでの初釣果はヒラスズキです。

 

幻の魚・ヒラスズキ

f:id:kyoya7zon:20171222212632j:plain

ヒラスズキは全てがかっこいいですね。顔もフォルムも色も全て。

求めていたところで出したわけではなく、今回はラッキーな感じになってしまいましたがそれでも嬉しいものです。

 

ちなみにこの後、潮目に入れるとヒット。そしてそのまま根に潜られ、バラしました。気とドラグの緩みが原因です。あっという間に7時を過ぎたので撤収しました。

 

予報では来週はヒラ日和になりそうな日がありますね。

それにしても年内に一匹出せてよかった。メモが間違ってなければ今年のヒラスズキは16匹目となりました。多いか少ないかはわかりませんがいつまでも価値のある魚だと思っています。