釣れ然なるままに

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

釣れ然なるままに

釣り人必見!シートカバー

こんにちは。

皆様は車にシートカバーをつけていますか?私は最初つけていませんでした。

その結果、いつの間にか海水によるシミ、コマセのシミ、魚の血によるシミなどが蓄積し最悪異臭を放つことになります。

意外と釣りではウェアに潮などが付着していることも多く、着替えずに車に乗るとそれがシートに移ることがあります。ウェーダーなど濡れるものでなくても常に車を綺麗に保つには欠かせないのがシートカバー。今回は私が購入に際し検討したものをご紹介します。

 

シートカバーの役割

シートカバーをつけることでウェーダーを履いたまま移動するときにシートを濡らすことなく運転できます。海水は一度シートに染み込んでしまうと厄介で変色異臭の原因となります。

ビジネスでも車を使用する場合には非常にまずいことに。またデートで使うときにも気をつけたいところですね。

フカセ釣りでは着替える場合はいいのですがウエアで釣りに行き、そのまま帰る場合。濡れていないから大丈夫かと思いきや意外にもコマセ、魚の体液、海水が付着しているものです。そういったものからもシートカバーがあれば気にせず乗ることができます。

 

一度汚れてしまったシートは清掃するには手間もかかり、ディーラーではいい値段がかかります。しかしシートカバーは2000円前後、転ばぬ先の杖。(使い方あってる?)

 

使用感

f:id:kyoya7zon:20171222222320j:plain

私はmazumeのシートカバーを使っています。

決め手としては着脱が容易なこととウェアと揃えたと言うことです。釣具メーカーから市販されている汎用シートカバーの大半が着脱が容易なようです。なので毎回釣りに行くときにウェアやウェーダーと一緒に保管、着脱を行えばいい。

行きは基本的に潮などが付いていないので使わず帰りにつけるだけ。めんどくさければ支度の段階で装着してしまってもいいでしょう。またまたずっと付けっ放しでもいいかも知れませんが定期的に洗う必要があります。

 

着脱しやすいと言う構造上、簡単にズレます。これが一番のネックかも知れません。背の高い車に乗る際は座ると言うより登って座ると言う行動をとります。それで尻の動きによってシートカバーがズレてしまう。私はそうです笑 なので一旦座った上で整える。

運転中の姿勢を帰るときにもズレやすいです。まぁ仕方ないと割り切るしかないですね。

 

各メーカーのシートカバー

 

駐車している際に釣り人アピールができますね。

車上荒らしや盗難には注意しましょう。