釣れ然なるままに

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

釣れ然なるままに

11月30日 三浦磯マル初戦

今年もやってきました磯マルシーズン。

去年はいまいちな釣果に終わりましたが今年はどうなるか。

 

先日初戦行ってまいりました。

 

深夜の下げ潮

夜明け前に干潮。

となればその前と、朝まずめの上げでチャンスがくると予測。

予報と異なり北風爆風でめちゃ寒かったですがさすが防寒着とウェーダー。

f:id:kyoya7zon:20181201092854j:plain

冬装備の欠点は動きにくいというところ。

夏の軽装はまさにスポーツマン状態ですので体のいたるところで自由がききますが冬装備はもこもこぬくぬくでいいけども、動きが鈍っていることをお忘れなく!

無理に動かすとウェア破れたりするのでそこも気をつけて笑

 

流れを探す

ヒラスズキとは異なり、遠投重視な釣りとされています。

さらにナイトゲームなので目で見るにはなかなか難しいところも多いのでパイロットルアー的なものを決めておくといいでしょう。

基本となるのは潮通しの良いポイント。

なので潮が通ってるところに入れる必要があります。だからこそ遠投できる方が良いのです。

私はだいたい1投目はレンジを刻むことを意識しつつ手前も、という考えでシマノから

・レスポンダー 149F

・ゴリアテ 125F

を最初に投入します。

その後、サイレントアサシン、ヘビーショットでさらに沖を探っていく感じです。

 

最近新たに発売されたヘビーショットのヒラメカラー

f:id:kyoya7zon:20181201093534j:plain

今までヘビーショットに夜光カラーがなかったのですが手前のピンクキャンディーグローベリーは腹が光ります。

あとパールキャンディーカラーは夜には欲しい色でしたので今期はこの新ヘビーショットで磯マル狙います。ヒラメカラーでも関係ない!

 

ショートバイト多発

使用しているタックルはヒラスズキ兼青物タックル。

エクスセンス 1100MHです。

潮止まり間際にあたりが続出。

ココンという程度。最初は根掛かりかと思ったのですがそこに根はないし、ルアーが潜りすぎているとも考えがたい。

となるとシーバスのショートバイトか、サバとかもあり得ますし、メバルも。

軽いタックルなら乗せられたかもしれませんね。

 

潮が止まると反応はなくなり、沖に投げて巻いてくる抵抗も幾分緩やかに。

そんな時にヒントを発見!

f:id:kyoya7zon:20181201094237j:plain

際ではなく、沖の潮の境目付近でコツコツと引っ掛けてました。

これらを捕食しにきてるやつが本命ですね、多分。

 

夜明けからのナブラ

一度ヒットさせるも乗り切らず、カウント的にはバラしになるかも。

そうこうしていたらあっという間に夜明けです。

f:id:kyoya7zon:20181201095352j:plain

 

夜明け時には磯なのに、珍しくボラが跳ねまくる。

何かいる、と思いたい。

すると右方向にナブラ、鳥山とすごいことに!!!

ただ、残念ながら射程圏外です。

f:id:kyoya7zon:20181201095532j:plain

写真ではわかりにくいですがはるか沖に移動していきました。

顔出した魚は結構でかい。イナワラ?いやブリ?

本牧など湾奥でも上がっているようなのでここにきてチャンスかもしれません。

 

やっぱりタックルを1ランク軽めに落とすの怖いなぁ・・・

引き続き調査続けます。

今週ヒラスズキチャンスがありそう。

 

関連商品