釣れ然なるままに

釣りに勤しむアラサー妻子持ちのブログ。

12月6日 ヒラスズキ・磯マル釣行

おはようございます。

昨日は朝まずめのみ、三浦でサラシを打ってきました。

予報ではすぐに穏やかになる予報。となると長くて午前中の勝負。

 

潮位と風と波で読む

f:id:kyoya7zon:20171206221253p:plain

まず潮位は朝の段階で満潮になるため期待度が・・・また立ち位置も限られるしサラシも出にくい。この時点でポイントが数カ所に絞られます。

風は西から、波は南。

横風を食らうのはいいような悪いような。というのも根の位置によってはウインドドリフトができるので有利なこともあります。

今回は西側の磯に入ることにしました。向かい風で挑む!

 

深夜に出発

f:id:kyoya7zon:20171206221658j:plain

車に荷物を積み込んで、心踊りますね。深夜3時。

毎度思うんですが行くまでが一番楽しい気がしますね。そのあとは釣果次第。

期待しながらペッカペカにした愛車で出撃。

現地に到着すると風が強い。まぁこれも予想通りなので予定のポイント近くのワンドで待機します。暗いうちにワンドや小場所をサーチしておくと思わぬ魚に巡り合えたり、ベイトを確認することができます。

 

いざ実釣

6時過ぎに明るくなり、ラインも見えるようになったところで開始。波の被らないところを探しつつ、手前から探っていきます。

手前のサラシは表層から1メートルまで探りましたが何もなし。しかしベイトはいるようです。個人的にベイトの状態ですが何もないときはルアーを避ける。しかし近くに大型魚がいる場合はルアーが近づくと跳ねるように逃げる気がします

これをモチベーションとして毎回やってます。で、割とそうなることが多いです。

 

向かい風で沖のサラシを狙うとなるとそれなりに飛ばせるルアーでないといけません。

sasuke裂波120も跳ね返されて届かないとなるともう何個かしか手段がない。

 

DUEL ヘビーショット105
サイレントアサシン129S
DUELのレアルアー アイルマグネット140

 

ベイトのサイズ的には小型がいいんでしょうけど届かないことには始まらないのでちょっと大きめのルアーで攻めます。

 

水面直下を泳ぐアイルマグネットでは反応なし。

次はサイレントアサシン。フローティングを使用したいところですが飛距離を考えるとシンキングタイプ。

ちょっと雑学を・・・

 

シマノ エクスセンス サイレントアサシンについて

飛距離で有名?なサイレントアサシン。様々なタイプが存在します。

パイロットとなる129ですがフローティングとシンキングがあります。当然シンキングの方が重さがあるので飛距離も出ます。レンジが違うという点もありますが泳ぎだしも違うんです。

フローティングは立ち上がりが早く際や沈み根をピンポイントで撃つ際に強い。着水してからすぐ泳ぐため、着水音で反応した魚へアピールできます。

シンキングは深く潜れる、飛ぶという利点がありますがフローティングに比べ若干立ち上がりが遅いです。これを補足するためには着水後、糸フケ回収と軽めのジャークを入れるという方法があります。

もしシビアな状況に遭遇したらご参考までに。

 

産卵を控えた磯マル

 沖のサラシが広がり、落ち着いたタイミングで奥へキャスト。

そしてジャークさせサラシへ突入し、引き波で定位させたところでヒット。食いが渋いかも?と思っていたのでドラグゆるゆるでしたがその必要はなかったようです。

f:id:kyoya7zon:20171206224528j:plain

綺麗な磯マル。産卵・・・いやオスですね。身が丸く太い魚体です。

f:id:kyoya7zon:20171206224415j:plain

フックが二つもかかっていると安心します。

 

すかさず次へ・・・行く前にヘビーショットに変更。サラシに定位させてヒットするパターンであればフォールで誘えるヘビーショットが有利かと思いました。

なかなかサラシが出ない、というか風も吹かなくなってきてキャストするタイミングを待ちつつ海の変化に目を向ける。

数少ないチャンスでヘビーショットを投入するも反応なし。シモリ根の際に通さないと出ないかな?と思って頑張っていいところへキャストし沈めながら巻くとヒット。

f:id:kyoya7zon:20171206225030j:plain

フッコのようなスズキのようなサイズですがおっけー!すごいわヘビーショット。

 

f:id:kyoya7zon:20171206225311j:plain

 

ヘビーショットシリーズの中でなぜかこの色しかメッキパターンないんですよね。

 

とこんな感じで無事磯マルが釣れました!ヒラスズキは不在でしたが目的としていた三浦へ産卵個体シーバスが入っているかどうかを知ることができました。

観音崎ではすでに釣れているようでしたが半島南部、西側と回ってるようにも思えます。また近々ヒラスズキも含めいきたいと思います。

 

同行者募集中です

シーバス、ヒラスズキ調査のため同行していただける方を募集しています。

ご参加いただける方はコメントにて受け付けております。連絡先を記載された方のコメントは非公開といたしますのでご安心ください。こちらからご連絡させていただきます。