釣れ然なるままに written by 小泉 貴久

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

デュエル モンスターショットとヘビーショットはまったくの別物です

スポンサーリンク

ご存知の方も多いとは思いますが自己紹介をいたしますと

デュエルフィールドスタッフ 小泉貴久です。

 

昨年の夏にデュエルからモンスターショットが発売され、ありがたいことに大好評でカラーによっては在庫切れの状態が続いております。

私が推しているカラーは

・クリアー

・ピンクイワシ

・ストライクイワシ

・キビナゴ

 

です。

ストライクイワシとキビナゴはメッキカラーなのでどちらか一つでも大丈夫です。

とにかくこれがあればどんなところでも、どんな魚でも獲ることができます。

 

今回の話はモンスターショットという素晴らしいシンペンが発売されて、日陰に追いやられたようなヘビーショット。

ヘビーショットの後継機がモンスターショットとと思われがちですが

まったくの別物です

 

今回はヘビーショットの重要性と汎用性。

そして最強である理由を解説したいと思います。

 

デュエル モンスターショットとヘビーショットはまったくの別物です

f:id:kyoya7zon:20200203100715p:plain

http://www.duel.co.jp/products/hc_heavyshot

 

ヘビーショットとモンスターショットは形状、重さも似ています。

モンスターショットの方が少し大きくて重たい、と言った感じです。

 

フォルムも似ていてヘビーショットを太らせたのがモンスターショットみたいな感じです。

 

にている二つのルアー 

見た目だけで言ったら

 

シナンジュ・スタイン ユニコーンバージョン

シナンジュ・スタイン ナラティブバージョン

 

くらいの違いに見えるかもしれません。

わかる?このネタ。

 

ではミノーで考えてみましょうか。

シマノで圧倒的人気を誇るサイレントアサシン。

 

数多くの種類がありますが

フローティングタイプとシンキングタイプがありますよね。

レンジ、飛距離が異なると思います。

 

モンスターショットとヘビーショットはそんな違いです。

両方シンキングペンシルですが・・・

 

サイレントアサシンだったらフローティングとシンキング、使い分けますよね?

それと同じ!

 

似てるけど違うものなんです。

 

シンペンっていう枠

釣りをしていればルアーローテーションを行います。

デュエルでまとめれば

シャローランナーがダメ、ミッドダイバーを使う。

 

ソリッドバイブを使ってソリッドスピンも使う。

 

ん〜反応がないからシンペン使うか。

という場合が多いのではないでしょうか。

 

そう、ミノーはフローティング、シンキングで分ける

トップならダイビングペンシルとポッパーで分ける

ボトム狙いならバイブレーションとスピンテールで分ける

 

なのにシンペンはシンペン。

その一括りなんです。

だからモンスターショットだけ、となることが多い。

 

モンスターショットが得意なこと

f:id:kyoya7zon:20200203101815j:plain

モンスターショットは名前の通り、モンスタークラスの魚にも対応できます。

貫通ワイヤーが入っているので例えルアーがファイト中に破断してもワイヤーが残るのでバラしません。

ヘビーショットはそれがないので折れてしまいます。

 

他にはヘビーショットより10g程度重いので飛距離が出ます。

 

ここ結構誤認があるのですが重ければ飛ぶわけではありません。

 

例えばガチの青物ロッドであればモンスターショットはよく飛びます。

ですがシーバスロッドのM程度だとヘビーショットの方が飛びます。

 

ロッドの適切な反発による違いです。

 

なのでモンスターショットは究極の飛距離というわけではなく、タックルによって異なるということです。

 

他に得意とするのは沈むのが早いのでボトムを取りやすい。

サーフでボトムを狙う場合、スローでは見切られるような時もあります。

ですが速巻きするとルアーが浮いてしまいボトムからはなれる。

そう言った時に沈むのが速いモンスターショットは

ボトムから50cmをキープして泳ぎます。

 

逆にトップでも使えます。

コロコロ変わる青物。

 

水面直下の反応がいいと思ったらいきなり見切られるようになった。

しかしここでルアーを交換していると群れが抜ける可能性が・・・

という場合があります。

 

モンスターショットは重いのでスキッピングが簡単にできます。

ヘビーショットだと高速でスキッピングするとトビウオのように跳ね過ぎてしまうことがあります。

そう言った点では重いモンスターショットの方がいい感じに水面をポコポコできます。

 

ヘビーショットが得意なこと

f:id:kyoya7zon:20200203102451j:plain

ヘビーショットはモンスターショットに比べ軽い。

そして沈むのも遅い。

 

サラシに入れるなら絶対にヘビーショットの方がいいです。

モンスターショットではサラシに留まらせようとすればサラシを突き抜けて沈みます。

 

この一回だけでそのサラシのポイントを潰しかねない。

ヘビーショットであればサラシをフラフラとできるので絶対こっち。

 

モンスターショットは少し特殊なシンペンとして、基本的にヘビーショットをはじめとするシンキングペンシルは浮き上がりやすいという問題があります。

だからこそ、スローで引きたいサラシには効果的とも言えます。

 

サーフにおいては先ほどの逆のパターンで使えます。

 

ボトムを丁寧に、スローで探りたい。

しかしモンスターショット、またはミノーでは底を擦ってしまう。

そういう時にはヘビーショットの方がいいです。

 

浮き上がりやすい、逆に言えば沈みにくい。

スローでネチネチ攻める時にはヘビーショット。

 

真昼間とかはヘビーショットの方が活躍しそうですね。

 

まとめ

モンスターショットは

・対大物

・ボトムを速巻きで攻める

・トップとして使う

 

ヘビーショットは

・サラシなどでフラフラ泳がせる

・ボトムをスローで丁寧に探る

 

こう書いてみると結構違いますよね?

宣伝になってしまいますがぜひモンスターショット、ヘビーショットを場面に分けて使いこなしてみてください!