釣れ然なるままに written by 小泉 貴久

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

ストラディックCI4+新型か?シマノ ヴァンフォード発表

スポンサーリンク

先日例年通りシマノから夏発表、秋発売モデル商品ラインナップが上がってきました。

 

またまた目白押し商品が盛り沢山でしたが違和感を感じた方も多いのではないでしょうか?

そう、主力リールがないということを。

 

現時点で控えていると予想されるのが

ツインパワーSW

 

こちらは修理に出すとパーツ在庫がない、廃盤と言われ始めたのでモデルチェンジではないかと噂されています。

20ツインパワーも出たので21ツインパワーSWがあり得そうです。

 

もう一つはストラディックCI4+。

ストラディックの派生、上位リールです。

無印では19ストラディックとして発売されました。

 

ストラディックCI4+のモデルチェンジも期待されています。

 

そんな中海外シマノでストラディックCI4+の後継機種と呼ばれるものが発表されました。

 

ストラディックCI4+新型か?シマノ ヴァンフォード発表

f:id:kyoya7zon:20200712085637j:plain

https://fish.shimano-eu.com/content/fish/eu/gb/en/homepage/Product-detail.P-VANFORD.html

 VANFORD(ヴァンフォード)と呼ばれる新機種です。

 

あくまで日本ではストラディックCI4+の後継機ではないか?と言われているものです。

もちろん日本で発売されるときも新機種としてこのヴァンフォードで発売されることも考えられます。

 

スペック、価格帯もストラディックCI4+クラスであると予想。

それではスペック、装備をご紹介します。

 

基本装備

・HAGANEギア

・マイクロモジュールギアⅡ

・X-SHIP

・サイレントドライブ

・マグナムライトローター

・Xプロテクト

・Gフリーボディ

・AR-Cスプール

・ロングストロークスプール

・CI4+

 

サイレントドライブ、マグナムライトローター、マイクロモジュールギアⅡ

これは近年のシマノで採用されている上位機種に装備されているもの。

評判はよく、前作16ストラディックCI4+同様、軽すぎると言って良いほどの巻きごごちではないかと予想されます。

 

番手バリエーション

USAサイトでは

500〜C5000までと記載されています。

 

重さですが

C3000で比較すると

 

現行ストラディックCI4+

190g

 

ヴァンフォード

180g

 

とさらに軽量化されています。

 

プロモーションムービー

 

価格予想

価格はストラディック以上、ツインパワー以下

これは確実ですので実売価格2万円〜3万円くらいと予想しています。

 

日本版としてヴァンフォードで発売か、ストラディックCI4+の新機種として出るのか。

今後注目機種です。

 

 

ストラディックCI4+に関する、インプレなどはこちら。

www.tsuri-life.com