釣れ然なるままに

フリーランスが釣りを中心に気ままに生きる術を身につけるブログ。目標は同世代の年収を超える事です。

6月21日 三浦半島ヒラスズキ巡業

こんにちは。

なんか今年台風くるの早くないですか?今回の台風は結果、消滅しましたが太平洋に低気圧として通過。つまりヒラスズキチャンス!!!

前回の台風時は俺自身の読みが外れ、波が高すぎた。

今回はいかに。

 

気象条件

ウネリの向きは南東方向から。低気圧の尻尾の影響だと思います。

なので城ケ島の灘が崎では大人しいけど安房崎はヤベェ!って具合です。

午後から行きました。昼は横須賀PAのカレーパン。結構美味しいんですよ。

f:id:kyoya7zon:20180622123752j:plain

 

曇り時より雨という最高の状態。期待が高まります。

この辺の詳しい考察について書こうと思ったのですが、一旦やめます。

 

一箇所目

f:id:kyoya7zon:20180622123619j:plain

割といい感じのサラシ。満潮過ぎなので波が被り立てるところと立てないところがあるのでポイントは限られます。そこをぽんぽんリズムよく探る。

今回このポイントで使用したのは軽量タックル。LTヒラスズキとでも名付けましょう。

f:id:kyoya7zon:20180622123949j:plain

新ディアルーナ×ストラディックCI4+C3000HG

超軽い。小場所や足場が低いところ、また弱いサラシを打つときは取り回しのいいタックルの方が扱いやすいです。テイクバックとかもしやすいですからね。ただ遠投とかガッチャガチャのサラシで抜き上げとかは不利になります。

 

反応もないので次のポイントへ。ベイトはちらっと見えた程度。

 

二箇所目

何となく移動しているのではなく、波の向きなどを把握し実績ポイントへ移動してますからね!笑 一応お伝えしておきます!!!

f:id:kyoya7zon:20180622124322j:plain

ほら!見ての通り超有望ポイント。

右と左からでる波が中央で当たって手前に流れる。もう理想的なポイントでしょ。

でも反応なし笑 表層から1m、シンペンを止まらせたりとかしても無反応。

ここのポイントでは先ほどのタックルと、いつものエクスセンス×ツインパワーXDを持ち込みました。

f:id:kyoya7zon:20180622124534j:plain

すごいよな〜自然は。ちょっと歩いただけでこうゆう景色が観れるのはいいと思わない?ただし崖崩れ注意。

 

三箇所目

干潮も迫ってきたので干潮時に渡れるところへ。

南東のウネリだからおそらく先端はNGだろう。となるとその手前のこんなところで釣れるのかよ??っているスリッドを狙う。マジでいるんですよそうゆうところに笑

タイドプールにどこからともなく入っちゃったベイトいるでしょ?そうゆう感じでそれなりに水深のあるスリッドには夢と可能性がある。取りこぼさないで!

f:id:kyoya7zon:20180622124957j:plain

案の定、反応なし。時間帯が合わないのか、ここじゃないのか色々悶々としてきます。

最初のポイントで歩き回りながら自分も回遊して粘るのがいいのか・・・難しいね。今回はデータ収集と考えてどんどん回ることにしました。

 

ラスト四箇所目

夕暮れも近いって移動を決めたのが17時、それでもまだ釣りができるってすごいよな。となると夕まずめはいつになるんだろうか??笑

f:id:kyoya7zon:20180622125219j:plain

相模湾側の磯です。てか荒崎です。ヒラ狙いで初めてきました。

ウネリは少し三浦よりマシですが足場の低い荒崎はガンガン登ってきます。いいサラシもいくつかあったんですがそこまで人が近づけない。結構磯が途切れていて先端まで出れないんですよね。

f:id:kyoya7zon:20180622125400j:plain

綺麗な夕日と富士山。

釣りをしている人には夕焼けとか朝焼けは見慣れた景色ですが普通の人にはそうではないかもしれません。我々でこういった風景を見て綺麗だぁって思えるということは釣りをしない人にはもっと綺麗に見えるかもしれないですね。

初心忘れず。

 

今回何も釣果はありませんでしたが色々考えて動けたので成果はあったと思います。

さてヒラスズキの釣り方についていつもこのブログを参考にしてくれてるみなさま。ヒラスズキ(三浦半島)の釣り方教室はじめました。文字じゃ伝わらないこともたくさんあるので。あと新サービスだったもので勢いで登録しました笑

 

www.teacha.me

明日の生放送

明日20時〜生放送です。お時間ある方、ぜひご覧ください。

 

関連商品