釣れ然なるままに

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

釣れ然なるままに

5月15日 ジャパンカップへ向けて練習 その2

こんばんは!

昨日は城ヶ島へジャパンカップの練習をしに行ってきました。ただのフカセ・メジナ釣りではなく、アイゴハンターという指名も背負い向かいました。

いつもだとメジナ釣れるか不安だぁ。とかありますけど守備範囲(メジナ・アイゴ)が広くなると気持ちにゆとりが生まれました!これがさらに良い事に気持ちにゆとりがあると人間の動きも違うんですよ。パフォーマンスというか柔軟性というか。

私の場合は攻撃性と積極性が大幅に上がりました。結果から言うと良い釣りができたと言う事です。詳しく書いていきます。

 

日の出

もう日の出時刻は4時半とかです。4時で薄暗くなってます。

こうなってくると朝まずめって何時くらいになるんですかね?6時とかはもう夜明けから1時間半ほど経つわけですから果たしてチャンスタイムなのだろうか。

予報では波風共に少々となっていたので城ヶ島の猪子前のハナレに入りたいなと思っていました。4時に駐車場に到着した時点で車がもう結構停まっている!魚の活性だけでなく人の活性も上がるのがこの時期です。

目的地に着くと波がかぶるので結局別のところにしました。

f:id:kyoya7zon:20180516114119j:plain

シマノ 玉の柄 ISO XT 5m

トーナメントといえばとにかく手返し良く、スピーディーにと言う印象です。なので玉の柄も新しいものを買いました。

f:id:kyoya7zon:20180516114348j:plain

軽い、出し入れがとにかく早い!

スッと伸びて固着もなく回収できます。これは新品だからとも考えられます。今私が使用している玉の柄は改造してあるのでスッと伸びるし固着もしません。ただ重い。

このISO XTは軽いですね。値段もミドルクラスです。

磯に横たわる亡骸

磯でなくても外道を捨て干からびていることが多々あります。今回私の釣り座の近くで見かけたのはフグ。

f:id:kyoya7zon:20180516124403j:plain

このような行為をする人、はっきり言ってどうゆう神経してるんですか?釣りする資格ないですよ。アイゴでもこのような状況が拡大しつつあります。微力ながら私に何ができるかを考え行動します。訴えるだけではなく行動に移します。そのためには皆様のご理解、ご協力が不可欠です。もしご興味を持っていただけましたらありがたいです!

www.tsuri-life.com

実釣

ハリスは1ヒロ半。1.5号。

ウキ 0号

だいたいこのパターンのスタートです。

開始早々にウキが気持ちいいくらいに入り、ヒット!

f:id:kyoya7zon:20180516114805j:plain

早速30オーバーゲット。そして玉の柄も活躍して満足し、時計を見ると・・・5時前じゃん笑 夏は1日を長く感じますね。

同じ具合で続けていると25センチにちょっと届かない程度を連打。そして徐々に魚が浮いてきているのでウキ下、ハリスを短くします。たまにキタマクラ、フグ、海タナゴ、スズメダイが混じるくらいでほとんどが足裏メジナ(25センチに足りないやつ)。

サイズは一旦置いておいて久しぶりにメジナを連打して楽しくなってしまいました。

 

その反面、アイゴハンターとしての使命も果たしたいのでアイゴも釣りたい。

 

苦難は唐突に

日もだいぶ登り海中が見えるように。コマセに群がるのはスズメダイとメジナです。

よーく見るとその下から良型メジナが食い上げてきています。その瞬間は周りの小魚を蹴散らします。

その時に見えた!深いところに推定40オーバーのアイゴが3匹もいる。

餌取り(メジナ)を交して刺し餌を入れられれば可能性がある。

経験上、これは沖へ大型を寄せるのではなく、メジナたちを沖へ寄せて磯際に刺し餌を落として沖へ流していくパターンだと。

しかしあの手この手を使ってデカアイゴの目の前に刺し餌を流し、コマセ煙幕の中に完璧に入っているにも関わらず、刺し餌だけ食わない。

コマセ内のオキアミは食べているのにも関わらず刺し餌のオキアミだけ食わない・・・

沖ノ島のオナガかよ笑

 

心が折れたのでメジナ釣りに戻りました。

そうしたら浮気者!と言わんばかりにしっかりウキにあたりは出るけど乗らないと言う事態に。おまけに波も高くなってきて仕掛けが安定しない。

きっと魚からすると違和感が半端ない刺し餌なんだと思います。

帰ってくる刺し餌を噛まれた状態か殻だけ。

オキアミの殻だけ残ると言うのはウミタナゴの仕業と言われています。

ゆらゆら程度だと自然、波と共に上下を繰り返す餌はコマセの落ち方とは大きく異なりますから怪しいですね。

なのでオモリなしで00号に変更。浮くかどうか・・・と言う浮力なので波の山では潜りますがすぐに水面直下に戻ります。また引き潮とかちょっとした変化でも潜ります。

見辛いといえば見辛い。でもアタリの時はぶっ飛んでいくことが多いです。

 

これでまたサイズは朝同様ですがメジナ連打。その中にキーパーサイズが混じってました。

 

終盤

風も出てきてウネリの波+風波とサラシでなかなか難しい状況に。

00号のウキも吸い込まれたりするのでウキを見てアタリが取りにくくなりました。ラインを張って沈める、またタナが1ヒロ半と浅いので短期決戦で波が落ち着いたタイミングだけ入れるなどしてメジナを追加。

食い込むこともわかっていたのでハリをあわせちゃダメジナに。

f:id:kyoya7zon:20180516123726j:plain

あわせちゃダメ!と言っても放置で言い訳ではなく向こう合わせにするということです。普通のハリと見比べてみましょう。

f:id:kyoya7zon:20180516123855j:plain

左があわせちゃダメジナ 右が普通のグレばり

あわせちゃダメジナはスレバリなんです。返し無し。しかしネムリが深いですね。

ヒット後、著しくテンションを緩めるなどするとハリハズレをしますが通常ではそこまで外れません。割と安心してやり取りできます。

 

まとめ

練習としてはまずまず。予選通過できるレベルかと言われると達していないですね。

34を頭に25センチ以上が4匹

f:id:kyoya7zon:20180516124944j:plain

三浦だから25センチに届かないやつが多かったとすればいい成績ともいえます。でもそんなこと言って満足しちゃうと成長しないのでまだまだやれることはあったはず。

気がつけばジャパンカップが来週に迫っています。追い込み頑張ります!

 

関連商品