釣れ然なるままに

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

釣れ然なるままに

【青物・マグロ】ポッパーとダイビングペンシルの使い分け

こんにちは。

青物シーズン到来。

とはいえ、まだ青物調査が甘い状況で申し訳ないです。

もう少ししたらガンガン調査に行きたいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。

誘っていただければフットワーク軽快な私ですので行きます!

お気軽にお誘いください!

 

今回は知ってる人も多いと思いますがポッパーとダイビングペンシルの使い分けについて書きたいと思います。

 

状況による使い分け

食いが渋い、スレていると言った状況でローテーションすることもあります。

今回抑えていただきたいのは

どのシュチュエーションで効くか

という点です。

 

あ、この点でメタルジグとかは万能になるので一旦考えないでくださいね笑

ポッパーとダイビングペンシルは同じトップルアーに分類されますが役割が異なります。

ダイビングペンシルの場合はナブラを打ったり、ベイトサイズに合わせて投入することが基本です。

イワシ団子とか発生しガンガン食っている時にはダイビングペンシルがいいとされています。

その点でショアではイワシや小鯖が小さいので以前よりシマノ ロックウォーク110Fを推奨しています。このサイズのダイビングペンシルは少ないので。

140とかはありますが30の差が効くんです。

特に我らが愛する三浦では青物のサイズも小さいので余計にロックウォークがいいともいえるでしょう。

 

しかしベイトがマイクロベイトだった場合。

ダイビングペンシルでは大きすぎますよね?

その時はバブルで喰わせるためにポッパーを使用します。

ダイビングペンシルは動きで誘うに対し、ポッパーは飛沫やバブル、音で誘います。

これであればマイクロベイトでも反応してくれることがあります。

 

最初に投げるなら

私的に、最初に投げるならダイビングペンシルです。

これで周囲を探り、ベイトとなるものがどんなものかを知りたい。

マイクロベイトならパシャパシャ逃げ惑います。

これで青物がいて喰わなければポッパーにしています。

 

マグロ釣りにおいては必ずしもそうではないようです。

先日のキハダ。

マグロ大先輩はポッパーを愛用しています。

また喰わせた時は放置したそうです。

船長の話でも誘うのも大事だが間が重要である、とおっしゃっていました。

 

この件はとても判断が難しいともいえるでしょう。

ルアーを水面で放置する勇気があるか。

見切られないかとか色々考えてしまいますね。

まだまだ勉強と経験が足りませんので今後も頑張りたいです。

今年から始めたマグロですが始めたばかりという甘えはしたくないんです笑

 

ショアでのおすすめポッパー

ダイビングペンシルについては何回か書かせていただいたのでそちらをご参照ください。

www.tsuri-life.com

 

今回私、友人のおすすめしているポッパーと新作のご紹介。

まずは従来のもの。

シマノ ロックポップ

 

90というサイズながら割と飛びます。

そして食わせやすいです。

マリア ポップクイーン

 

言わずと知れた名ポッパー。

マリアのルアーもブルーランナーといいよく飛びます。

 

 

そして今回シマノから新しいショア用ポッパーが発売されることになりました。

ロックポップ スリム140F

f:id:kyoya7zon:20180811222407j:plain

コルトスナイパー ロックポップ スリム 140F AR-C[COLTSNIPER ROCK POP SLIM 140F AR-C] |ルアー|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-

足場の限定されるロックショアシーン。ルアーの引き出しは多ければ多いほど、様々なシチュエーションへの対応力が高くなり、釣果へ近づきやすくなる。ロックポップスリムは、ペンシルベイトとポッパーのメリットをミックスした設計で、青物狙いのパイロットルアーを目指して開発しています。 

 自重は45gと従来のロックポップより重く、さらに飛ぶようになりました。

スリムになったことでこれまでなかった多彩なアクションもできるとのこと。

結構期待できるルアーだと思います。

ペンシルベイトとポッパーのメリットをミックスした設計??

最強なんじゃないのか笑

下の動画をご覧ください・・・ダイビングもしますからw

 

来月発売予定です!買おう!笑