釣れ然なるままに

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

釣れ然なるままに

相模湾キハダマグロが釣れるルアーとは!?

相模湾キハダマグロ、キャスティングの話もだいぶ長くなってしまいました。結束の次はスイベルなど小物とルアーです。

スイベル 

なんとなくのイメージでスイベルとスプリットリングだったよなぁ、と思って調べてみるとそんな感じのことが書いてあります。

スナップは怖いですよね。開いちゃいそうだし。

f:id:kyoya7zon:20180701204053j:plain

あと素朴な疑問が・・・スイベルはご存知の通り、ヨレを防ぐことができます。なのでジギングには使われます。今回俺がやるのはキャスティングなのでショアとそこまで変わらないはず。ルアーってそんなヨレるか?まぁみんな使っているからスイベル買おう。

 

みんな使っている

 

これはアイゴでも証明したはず。根拠のないものの代表「みんなも」。

案の定、今回お世話になった船長曰く、リングの方がルアーの動きも良くトラブルも少ないよ!スイベル?どこかのプロが使ってたのが広まっただけだろ?だそうです笑

次回からリング×リングにしよう。 

今回使ったというか買ってきたのはこちら。

f:id:kyoya7zon:20180705205350j:plain

選んだ基準はもう感覚です。

100lbのショックリーダー使うんだから、ルアーは・・・と考えてこの辺だろうという具合です。スプリットリングは#6、スイベルは#3にしました。

ルアーにも#6スプリットリングは使用しました。先日とある動画を見ていたらスプリットリングを変えると動きが大きく変わるから面白いよ!と言っているものがありました。そしてそのカスタムが最強になったりすると製品化します。

裏メニューがグランドメニューになるみたいな。

 

ルアーセレクト

キハダキャスティングはもうナブラ打ちですよね。と言うことは鳥がヒットすることもありますよね。そこで色々調べて見ました。鳥回避ルアーもあるようで私は潜りやすいやつとシンペンを買ってみました。

シマノから発売しているオフショア用ダイビングペンシル。裏メニューの下りでいうとシマノ オシア 別注ヒラマサをのカスタム版、ドリームチューンというものがあります。

f:id:kyoya7zon:20180705215543j:plain

あ、下はショアキャスティングで青物をよく釣るロックウォークです。なにやら品薄状態になってるので買っといたほうがいいかもしれないですね。

 

アイマからも出てますよ!バネット160F

f:id:kyoya7zon:20180705215745j:plain

ご覧のように・・・割れてしまいました。

f:id:kyoya7zon:20180705215843j:plain

いつ割れたのか定かではありませんがおそらく船にぶつかってしまったとき。

噂では聞いてましたがやはりアイマのルアーは少し脆いのかな?

塗装が脆いことでは有名なアイマ。そして飛距離でも弱いアイマ。それでも釣れるアイマ。難しいですね笑

 

フックについて

マナーとしてバーブレスフックが必要です。市販品のほとんどにはカエシがついておりますので潰す必要があります。また潰すだけではモコっとした感じがありますので俺はインパクトの先に研磨用を装備し削り取りました。もちろんバーブレスフックも売っているので交換してもいいと思います。

アイマのバネット160Fには最初からフックはついていません!

 

長くなりましたが今回使用したルアーは以下にまとめました。どれがいいかよくわからないのでYoutubeを参考にチョイス。ほぼダイビングペンシルです。

ご参考までにどうぞ!

使用ルアー

 

余談ですが先ほどのショア用ダイビングペンシル。昨年からお伝えしているようによく釣れます。最強だと思っています。特にこのカラー

 

この腹の色も関係あるのかな?品薄注意。