釣れ然なるままに

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

釣れ然なるままに

鎌倉で古民家カフェとかできるかもしれない その2

こんにちは。

前回の続きです!古民家カフェについて、漠然と考えてみます。前の記事はこちら。

 

www.tsuri-life.com

カフェ・・・という区切りも私の中で境界線がよくわかっていませんが洋食をメインで取り扱うとしたら。今の私が提供できるものはなんだろうか。

f:id:kyoya7zon:20180527181232j:plain

縁側で過ごす朝、夕方は格別ですよ。本当に時間の流れが緩やかになります。

 

タコライスでおしゃれランチ

タコスではなくタコライス。カフェ系メニューの代表格になってきましたね。

あっさりとした味わいながらもしっかりとした食べ応えで性別年齢を超えて指示されています。

f:id:kyoya7zon:20180527181526j:plain

彩りも鮮やかでインスタ映えしますよ!!比較的調理も簡単なのでご注文からお待たせせずにご提供できるので回転率もいいですね。だから最近のカフェでの需要が高いのです。

 

カツサンド

ツイッターを見てくださっている方はご存知かと思います。最近カツサンドがマイブームでして食べまくってるわけです。別の記事でちょっと触れましたね!

もう自作し始めました!

そのきっかけはというと・・・

 

という流れです。

いまとんかつ、チキンカツで試作しています!

f:id:kyoya7zon:20180527194717j:plain

どうでしょう・・・美味しそうでしょ?美味しいんです!

さらに「WAGYUMAFIA」様に習い、和牛の上質部位で作ってみようと思ってます。

視察と仕入れに行ってきました。

f:id:kyoya7zon:20180527195126j:plain

和牛であっさり、でもいい具合に刺しが入っているものを探してきました。

結果はまた今度・・・このままカツにするか熟成させるかも検討しているところです。

 

アクアパッツァ

メジナ、クロダイ、いま企画中のアイゴでアクアパッツァはいかがでしょう?あさりを使用するのが一般的ですが季節的にアサリよりホタテの稚貝のほうがやすいこともあります。ホタテを使ったアクアパッツァのほうがバターが入ってるの?と思うような濃厚さが出ます。

f:id:kyoya7zon:20180527200538j:plain

もちろん魚はまるっと一匹!出汁も濃くなりうまみが増します。

f:id:kyoya7zon:20180527200739j:plain

この出汁にブルスケッタを浸して食べるのも最高!締めにパスタを入れれば簡単ボンゴレ風に仕上がります。

 

デザートは完熟マンゴー

だんだん高級志向になってきましたね。完熟マンゴーって一個いくらすることやら・・・でもおいしいですよ!たまに人から頂戴するんですが何回食べてもおいしい。

f:id:kyoya7zon:20180527201146j:plain

一度知ってしまうと元に戻れなくなります。

とある有名果物屋(銀座)では1万円を越えていました。すげぇ・・・これをデザートにいかがでしょうか??

 

ドリンクにもこだわって

夏場でしたらアイスコーヒー。これもドリップのアイスコーヒーと水出しの二種類、さらに豆にもこだわりたいですね。もちろん安定供給の元で!

スタバに行くとかならず私はチャイティーラテを頼みます。渋谷勤務時代、よくスクランブル交差点のスタバで買って走り回っていました。そのときくらいからスタバではチャイと決めています。最近タバコをやめたこともあり打ち合わせでスタバを利用させていただくことが多くなりました。

自宅でもチャイを飲んでます。

f:id:kyoya7zon:20180527201553j:plain

今更ながらティーバッグのチャイをみつけました!コスパは良くないですが・・・これで気兼ねなく一杯だけという飲み方ができます。今までは一回で作る量が多くなりがちで我が家では私しか飲まないため、おなか一杯になることが多かった。

 

おっと、カフェをひらくんだったら関係ないですね。

チャイは砂糖が入るのでカロリー的心配もありますがシナモン、生姜を含むので健康面で期待が出来ることもあります。余談でしたがチャイおすすめです!

 

まとめ

カフェといっても様々な視点からみると幅広いと感じます。

ニーズは時代とともに変わり行くもの。突如として地域に新しい名産ができるかもわかりません。例えば・・・鳩サブレー寿司とか。

なんだそりゃ?

それがビジネスの打ち所ですよ!笑 極端すぎるか、鳩サブレー寿司。

 

食べ物写真の片隅にFoodieというロゴに気付きましたか?これは無料アプリで食べ物を撮るカメラアプリです。もし興味があったら調べてみてください。基本加工要らずなので即座に撮ってSNSに投稿できますよ。

関連商品