釣れ然なるままに

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

釣れ然なるままに

自分が変われば世界も変わる!勉強のススメ

こんにちは。

前回の記事でなんとなくお分りいただけたかと思います。最近勉強にハマっています。

もともと勉強は嫌いな子供でした。成績悪いから塾行かされてなんとなく成績とって、高校なんて男女比2:8という楽園のようなところが近くにあったから言った。しかも特待生扱いという高校生活の安泰つき。

まぁ色々派手なこともしたりしましたが卒業時にはオール5に近い状態でした。(もちろん体育はMAX!でも音楽は・・・)その時に大学受験する際に塾通い嫌じゃないですか?そんなことしている時間あるならバイトするよ、免許取るよって推薦入学だったんですね。

大学時代はホストクラブで働いていたのであまり学校に行っていなかった。でもテストは大丈夫だったので留年なしの22歳で大学卒業しました。とある有名理系の建築学科です。

 

ちょっと前置きが長くなりましたが勉強嫌い!というのは印象であり自分自身の決めつけだったんですね。多分。たまたま病院の帰りにブックオフに立ち寄り、割引券の有効期限が迫っていたので本を買ったのが今回の勉強熱の始まりでした。

さて、何を学び何に生きるのか。

 

考えることの大切さ

まだ何十冊と読んでいませんが心に刺さりそうな本や読んでいて刺激をくれそうな本から読みました。カウントするかどうかは置いておき、一番最初に読んでたのはこれ。

f:id:kyoya7zon:20180520155516j:plain

え?ちょっと違くない?

そう、これはまた別です笑 このように釣りの指南書とか当然ですが大半が活字です。

本読むの苦手とか字を読むのが・・・という人も釣り雑誌とかは読めるんです。今この記事を読んでくださってる貴方は読書が好きですか?それとも苦手ですか?

苦手や嫌いとした場合、それでもこの記事を読んでくれている、またなんらかの理由で読んでくださっていることになります。だから人は欲しい情報、興味のあるものは嫌いでも活字でしっかり吸収できるのです。

 

ここから紐解いていくと私のように本読むのが嫌いでも活字の集合体から欲しい情報を引き出すことくらいはできる。辞書をひけるのと同じです。

情報をゲットした先、その情報をどう自分で処理するかが重要だと思います。読んだ、知った、納得した・・・これでは知識が増えただけかもしれません。でも記憶したり興味を持ったことは試したくなりませんか?

例えば私の釣りに関するコラムを読んで欲しくなった釣具はありますか?またはやってみたくなった釣りや真似したくなった釣法はあったでしょうか。勉強というのはいわゆる引き出し、選択肢を増やす作業なのかもしれません。

 

釣りの本を読んでいて実際自分のやらないこと、興味ないこともたくさん載っています。でも極力理解するようにしています。その指南はこだわり的にも使用しないとして、後々新しいものを自分で開発するかもしれない。その一部の案として使えますよね?ウキ止めを着けてやるのか、ウキ止めはいらないのか。

ショックリーダーは・・・いやPEダイレクトだろ、オールフロロとかあるかもしれません。でも特性を知っているからこそ考えられるんですよね。

だから勉強する気は無くても必然的に何かを考えているんです。

 

勉強は投資

勉強をするというのは時間を使います。また教材を買うことが多いです。高い安いでは無く少なからず自分に投資することになります。

 

私は先日、このように投資を表現しました。字のまんま。

また必死でやるとかよく聞きます。

必死でやってはいけません。理由はなぜか。

 

必ず死ぬんですからそんなに頑張らなくてもいいと思います笑 ちょっとアツ過ぎる。

このように言葉が持っている意味はそのままのことが多いです。

 

勉強という字については・・・長くなるのでやめておきますね。

自分を高めることを好む人もいるでしょう。筋トレだったり美容院に行くことも自分を高めることであり、管理することです。髪を切るだけで結構気分は変わりますからね。実際雰囲気変わった?と髪を切ると言われることがあると思います。

その人の気分が変わって見た目も変わったから雰囲気が変わってるのではないか。といつも切ってもらっている美容師さん(10年ほどの付き合い)に言われたことがあります。

 

勉強する目的はそれぞれあるかと思います。勉強したことで得られる喜びや快感ってなんでしょうか。おそらく以下の点かと思います。

・知らないことを知った時

・自分が間違ってなかったことを確認できた時

これは学校の授業からテスト返却までの流れです。学校という教育を受けたから勉強をいつしかこのように喜ぶようになったのか、それとも人間という生き物の性質なのかはわかりません。でもそれでいいと思います。

ちなみに以前、洗脳社会の話をしましたが堀江貴文氏もそのように考えておられたのですね。知らずにお恥ずかしい限りです。興味があればどうぞ。

 

学ぶことをやめた時に後退するとも言われています。日常を過ごしているだけだとSTAY状態。そこからちょっとでも一歩でも多く踏み出せば差が生まれるかもしれない。

 

そう考えて、苦手意識の見方を変えて私は本を読むことにしました。

飽きなければ本棚が一つ増えるはず。スマホをいじるような時間、カバンから本を出して読んでいます。今更ながらかっこいい俺・・・と思ってます笑

 

勉強のススメ

勉強ってなんでするのかという話でしたがまとめると、自分を少し強化する!ということです。知ってる知らないで世の中大きく変わると思います。

禁煙して結構経ちました。今思えばタバコを知らなければ禁煙なんて辛い思いもしなかったのだろうとか。知ることが全てではないです。まさに知らぬが仏。知らなくていいこともありますからね。

今回は読書による勉強をススメさせていただきました。勉強方法というのは色々あると思います。一旦簡単にできる読書を。

自己啓発本、ビジネス、心理学、自伝などなんでもいいのですが読み進めて行くとどこかで共感したり、心に刺さるところがあるはず。

これが自分の探してたものだと思います。

 

私の場合、とある本に己の考え方と相手の考え方、その空間のことが比喩表現で書いてありました。この部分を読み始めた時、脳に広がったのはサラシにルアーを打ち込む時。活字は実映がないので読み手の想像印象が強くでます。なのでこのような関係のない本と釣りが重ねてイメージできたりするのです。

本を読み始めて一番の収穫はこのイメージ共有かもしれません。それくらいハッとしました。お時間があったらぜひ勉強をし直してみてください。

 

最後に

ここまでそれっぽく書いてきました。なぜ突然本を読むようになったんだろうか・・・実は読みたい本が、会得したい技術があったのです。しかも早急に必要。

 

ジャパンカップに向けてメンタルを鍛えたかった

 

本当の理由はこれでした。バンドマン時代やセミナー登壇で喋る分には慣れていますが自然を相手にしつつ人間も相手にするって結構なプレッシャーだと思うんですよね。

とりあえず自分がブレないような技術が知りたかったです。

ここから勉強、読書にハマった。それはそれでよかったと思います。偶発的なものですがこれも言い換えれば運命ですよ。

 

おすすめ図書