神奈川発釣りブログ 釣れ然なるままに

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

タチウオ・サワラにオススメ!切れられにくいフロロショックリーダー

スポンサーリンク

いろんなところでタチウオ・サワラが釣れ盛っていますね。

この歯がいかついシリーズ、問題はスパスパラインを切っていくところでしょう。

 

いとも簡単に、前触れもなく切られます。

リトリーブしていたら急に軽くなった。

と思ったらルアーがなくなっていた。

 

これはルアー目掛けて食ってきたけど外れた歯がラインに当たってしまったということです。

基本的にサワラもタチウオも捕食が上手な魚ではありません。

だからメタルジグにしろルアーにしろ食ってくれるのはいいんですけど勢い余ってショックリーダーに当たると切れちゃうわけです。

 

対策としてはワイヤーを使う手段もありますが私がオススメしたいのはとにかく硬いフロロカーボン、

元々は対大物用に設計されたラインです。

 

しかもステルス仕様。

これを使えばほぼ切られることはないでしょう。

私は切られたことありません。

 

タチウオ・サワラにオススメ!切れられにくいフロロショックリーダー

f:id:kyoya7zon:20190830100313j:plain

http://www.duel.co.jp/products/big_fluorocarbon

オススメしたいのはこれ!

DUEL BIGフロロカーボン

 

フロロカーボン最高峰の強度とされています。

触った感じも確かに硬い。

しかし結んだりする意味では非常にしなやかです。

 

これが何がサワラ・タチウオにいいかというとそう簡単には切られないほどの硬さです。

他のフロロカーボンと触って比較してみてください。

硬いから。

 

曲げてみてください。

柔らかいから。

 

歯が当たっても切れずに毛羽立つ程度で済みます。

もちろん同じ箇所を連続でやられれば無理かと思いますが一発二発程度じゃ大丈夫です。

 

40lbくらいがオススメ

太さは12号40lbくらいがオススメ。

タチウオタックルだと少し太くなってしまいますがこの太さならそう簡単には切られません。

 

磯で青物やヒラスズキを狙うにもこの太さがいいです。

根がすごい、ランディングが難しいようなポイントでは50lbにしてもいいでしょう。

 

太くなると沈むのが遅くなったり、波や風に引っ張られると思います。

しかしこのBIGフロロカーボンは高比重なのでご安心を。

 

ステルス仕様ライン

透明だから魚に見えないんだよ。

そんなことはないです。

 

細いライン、フカセで水中を見ていれば人間でもラインをみることができます。

ということは魚からはがっつり見えているはずです。

 

釣り業界でなかなかないステルス仕様。

ちょっと茶色っぽい感じなんですがこれが海中だと光の反射を抑えて水中に馴染みます。

f:id:kyoya7zon:20190830101337p:plain

http://www.duel.co.jp/products/big_fluorocarbon

 

このBIGフロロカーボンは一色のみ、クリアーですがこれくらい茶色味があります。

これが水中ではステルス。

すごいでしょ?

 

釣果比較については少し難しいですがフカセ釣りではこのラインの方が大型の食いがいいです。

さらに強いので有利な状態でやりとりができますよ。

 

BIGフロロカーボン

私は結構場面場面でショックリーダーを変えます。

タチウオ、サワラなど歯が鋭いシリーズには絶対これです。

あとヒラスズキも根ズレが危ないのでこのラインを使っています。

 

ぜひ一度お試しあれ!