釣れ然なるままに

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

釣れ然なるままに

2017年 よく釣れたルアー3選

よく釣れたルアー。魚種は問わずまとめたいと思います。

ごっちゃになるので釣れた魚も記載してまとめていきます。

 

ima sasuke裂波

f:id:kyoya7zon:20171223205407j:plain

巷でも言われているようによく釣れるルアーというのを実感した一年でした。

ヒラスズキ・磯マル・イナダ

ここぞという時にはいい仕事をしてくれます。カラーは私の場合、サラシ中毒を愛用してますが最近では別のカラーでも釣れることがあるのでsasuke裂波自体が釣れるルアーなんですね。

難点をいえば向かい風に弱い、塗装が弱いというところくらいです。

 

DUEL ヘビーショット

f:id:kyoya7zon:20171223210127j:plain

青物、ヒラスズキ、シーバスとDUELから今年発売された最強のシンキングペンシル

 

磯マル・イナダ・シーバス(港湾では85)・シイラ

まず飛距離がすごい。向かい風でもぶっ飛んでいきます。また意味あるのかな?っていうサイズのリップが活躍しており、足場の高いところや荒波でも飛び出さずにしっかり泳ぎます。ヘビーショットの発売前はima YOICHIを使っていましたが私の感想ではヘビーショットの方が飛びます。青物を釣る際に必要な遠投、ヘビーショットではメタルジグクラスの飛距離が出て大変重宝します。リップのおかげで早巻にも対応しており見切られる前に食わせられる。

最後にフォールの誘いが強いという特徴があります。サラシが一点しかないような場所では引いてしまうと一瞬で通り過ぎますが、ヘビーショットであればちょんちょんと動かしフォールで時間を稼ぐことができます。

シマノ ロックウォーク

f:id:kyoya7zon:20171223210753j:plain

ある意味一世風靡したルアーといっても過言ではない。

ロックウォーク無くして青物は釣れないとまで思っている私でした。

 

ダイビングペンシルの威力は凄まじく、他で釣れていない時にも一人勝ちできることもありました。その逆の場合はヘビーショットにすればいいだけです笑

ロックウォークでイナダ、ショゴ、シイラを釣ることができました。

 

番外編 こんな時には

向かい風でも遠投したい

シマノ サイレントアサシン129S

f:id:kyoya7zon:20171223214844j:plain

飛距離が出るミノーなので沖のサラシ、向かい風での遠投時に役立ちます。

 

シマノのレスポンダーも同様に使えます。

 

波が強く足元まで引けない時

DUEL ハードコアミノー120F パワー

f:id:kyoya7zon:20171223215139j:plain

波でルアーが飛び出してしまったりするときはリップレスではなくリップ付きの方が水を捉えて泳ぎます。イナダも釣れる笑

 

大型魚にも対応するように設計されているパワーシリーズ。120サイズで2フック。

 

まとめ

以上2017年によく釣れたルアーでした。

私は実績ルアーにこだわりがあまりなく、状況によって使い分けるようにしてます。過去にトラウトで実績スプーンに縛られてスランプに陥ったことがありました。

実績ルアーはこうゆう時に使ったら釣れた、という認識を持つことでさらなる展開ができるのかもしれません。あーだ、こーだ考えているとルアーが増えていくのが悩みです。。。

最近はimaが決め、DUELとシマノをメインとして使っています。

釣れるルアーというのは永遠の課題なんだと思います。きっと来年にはまた新しい釣れるルアーがあるんでしょうね。楽しみです。