神奈川発釣りブログ 釣れ然なるままに

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

1月9日 エリアトラウト

約一年半ぶりに管釣りに行って来ました!

久々すぎて不安しかないような状況。行きたいと思いつつなかなか予定が合わず行けずにいました。

たまたま我が家の釣りガールの予定と重なったこともあり決行。

東山湖かすそパで悩みましたがやはりデカ鱒を釣りたいのですそパへ。

東山湖もでかいの出ますが全体的に数釣り主体となることが多いです。

 

果たして釣れるのだろうか。

 

上池 クリアポンド

10時半に到着したので11時の放流狩りに間に合いました。

相変わらず、ヘチには微動だにしない群が。

f:id:kyoya7zon:20190110074205j:plain

この鱒たちは釣れないように見えますがフォール系のスプーン、フェザージグで釣れたりします。

私は本当に何やっても釣れない時以外は狙いません。

 

放流前にポッパーでヒットさせるもバラし、そして放流。

放流はやはり定番のオレンジ金、オレキンでバコバコ釣れます。

f:id:kyoya7zon:20190110074423j:plain

こんなにロッドがぶち曲がる。楽しい。

やはりでかい鱒は楽しい。さらに言えば赤身の鱒が欲しいところです。

まるでサーモンのような味わいなんですよ。刺身で食べると最高です。

 

放流狩りを楽しみましたが釣りガールには勝てず。

f:id:kyoya7zon:20190110074620j:plain

 

規定量キープできたので次はミックスポンドへ行きます。

 

ミックスポンド

ミックスポンドでは小さいトラウトが多いですがトーナメントさながら、数釣りが楽しめます。

サイズはこんな感じ。

f:id:kyoya7zon:20190110074912j:plain

カラー、レンジがハマれば爆釣します。

元トーナメンターの私の見せ所。とは言え10年前の話ですけどね笑

 

ミックスポンドのあとはマッディポンドへ。

その前にイワナが食べたいという理由でストリームエリアもトライ。

f:id:kyoya7zon:20190110075117j:plain

ここが一番難しい気がする・・・

結局イワナ、ヤマメ、アマゴは釣れず再度デカ鱒狙いへ。

 

マッディポンド

この日はマッディポンドと言えど割とクリアでした。

活性も割と高いようでトップでも食うのでは?と思いましたがポッパーには無反応だったので私の好きなウォーターランド、ディープカッパーのカモフラをローテーション。

最強です!近々私的ローテーション方法を書こうと思います。

数釣りというより、大きい奴を狙っていく方法。アベレージサイズが大きい釣り場では有効だと思います。

f:id:kyoya7zon:20190110081121j:plain

 

移動して早々にヒット。

使用していたのは写真左端の金スプーン。

これは万能カラーと個人的に言っており、金主体にオレンジ、黒が入っています。いかにも釣れそう。

f:id:kyoya7zon:20190110081502j:plain

サイズは40センチちょっととアベレージサイズ。

余談になりますがすそのフィッシングパークにいく際は、ランディングネットは大きめの方が扱いやすいです。

f:id:kyoya7zon:20190110081608j:plain

 

この日、4時間で15匹。

少ない。ミックスポンドで小さいのを釣ればもっと数は伸びたでしょう。

が、テーマは大きいトラウトを釣ろう!なので結果的にOK。

赤身は出ませんでしたがこれで燻製が作れます!

 

ちなみにマッディポンドでボトムを探りヒットさせたやつはかなり大きかったけどバラしました。

 

トラウト料理

すそパのニジマスはとにかく美味しいです。

いいサイズになると薄くオレンジがかった身でちゃんちゃん焼きにすると美味い。

f:id:kyoya7zon:20190113074556j:plain

 

手間はかかりますが燻製もおすすめです。

f:id:kyoya7zon:20190113074628j:plain

 

燻製の作り方はこちら!

www.tsuri-life.com

 

使用タックル

 

関連商品