神奈川発釣りブログ 釣れ然なるままに

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

初心者から本格派まで!神奈川のおすすめ釣りポイント5選

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は神奈川でオススメの釣りポイントについて書きたいと思います。

思い返せば何年も釣りをしてて割と神奈川の釣り場を網羅したと思います。

アクセスのいいところから秘境まで。

とはいえ神奈川は全般的にアクセスもいいですし、東京湾、相模湾と両方でつりが出来るある意味釣りに特化した県とも言えるでしょう。

東京湾と相模湾ではやはり特徴が大きく異なります。

ターゲットは同じでも釣り方や習性が異なり、季節によっても釣り方が変わってきます。

一方が絶好調でも一方は不調ということも多々あります。

でも相模湾がだめなら東京湾、東京湾がだめなら相模湾と非常に選択肢の多いのが特徴です。

つまり通年してどこかしらで釣りを楽しむことができるのです。

では釣り場を紹介していきます!

 

 

初心者から本格派まで!神奈川のおすすめ釣りポイント

神奈川県は管理された釣り場も多く、子連れでも安心して釣りを楽しむことができます。

また本格派で磯で釣りをしたい、と思った場合どの磯も比較的アクセスしやすく、釣りを楽しむことが出来ます。

手軽だからといっても磯ではフローティングベストを必ず着用しましょう。

 

そんな万能神奈川の釣りポイントですが欠点もあります。

アクセスが容易であるが故に混雑するところが多いという点。

釣り場には神奈川県民だけでなく、東京都民や埼玉県民も足を運びます。

休日にはかなりの人数でにぎわいますので出発時間などを考えてからいきましょう。

朝なら早め、朝組みが大体昼くらいには帰るので昼食をとってから釣り場に入るのもひとつの手です。

 

相模湾と東京湾、それぞれ特徴も異なります。

たとえば冬場でしたら相模湾側のほうが水温が高く、東京湾に比べれば魚を釣りやすいと感じるでしょう。

とはいえ東京湾は無数の工業地帯や火力発電所があるのでポイントによっては温排水の影響でそこだけ水温が高いこともあります。

そのほかには東京湾ですと冬場深場にシーバスが溜まっているのでシーバスジギングで楽しめることもあります。

では具体的におすすめのポイントをご紹介。

 

城ヶ島

f:id:kyoya7zon:20190415100605j:plain

初心者から本格派まで楽しめるのは城ヶ島。

本格的な磯場、車を横付けできる堤防、海上釣堀と釣りを網羅しているスポットです。

また冬でも真っ先に黒潮の暖流の影響を受けるので他の磯がだめでも城ヶ島だけ釣れるということもあります。

城ヶ島のおすすめポイントはこちらをご覧ください。

城ヶ島おすすめ釣りポイント5選 - 神奈川発釣りブログ 釣れ然なるままに

 

本牧海釣り施設

f:id:kyoya7zon:20190429100417j:plain

https://matome.naver.jp/odai/2138254393641045001/2138284261323190503

 

横浜駅東口、桜木町駅からバスが出ています。

電車釣行派にはうれしいですよね。
駐車場もありますが有料で一日最高500円かかります。

釣具や食事も販売しているので忘れ物をしたりしても安心。

神奈川にはこのような海釣り施設がいくつかあります。

本牧海釣り施設の近くには大黒海釣り施設や磯子海釣り施設があります。

 

福浦岸壁

f:id:kyoya7zon:20190429100555j:plain

http://www.fishing-spots.net/hukuura.html

 昔から多くの釣り人に親しまれている福浦岸壁。

福浦岸壁の凄いところは神奈川において釣果がずば抜けていいというところ。

ヒラメ、カレイ、マゴチも釣れるしアジ等も狙うことが出来ます。

福浦岸壁の最盛期はおそらく夏から秋にかけて。

太刀魚に始まりカツオやイナダが釣れ始めるとこんなにも広い釣り場が一杯になります。

難点としては駐車場がないところ。

現在では日曜祝日のみ路上駐車が可能。(詳しくはご確認ください)

そのほかのアクセスはシーサイドラインが最寄り駅になります。

 

国府津海岸

f:id:kyoya7zon:20190429101056j:plain

https://tsurihack.com/1551

神奈川のサーフポイントといえば西湘国府津海岸。

岸から少し先はドン深となっていて様々な魚が回遊してきます。

季節を問わず様々なターゲットを狙うことができます。

投げ釣り、遠投カゴ、ルアーと様々な釣りを楽しむことが出来ます。

近隣に駐車場もありますが青物が回ってきているときなどは満車になることが多いです。

徹夜組みが一番多い釣り場かもしれません。

 

江ノ島

f:id:kyoya7zon:20190429102206j:plain

https://www.jalan.net/news/article/194259/

 

海岸から突き出したところにある島ですので潮通し抜群で周年何かしら釣る事ができます。

磯から整備された防波堤とマルチな釣り場でもありますが観光地が故に駐車場が高く混雑するというデメリットがあります。

堤防ではファミリーフィッシングにオススメ、サビキ釣りやちょい投げ釣りを楽しむことができます。

磯場は表磯と裏磯に別れ、それぞれ本格的な磯釣りを楽しむことができます。

裏磯は江ノ島の山?を越えていかなければならないので大変ではありますが夏には青物で賑わう釣り場です。

 

筆者からのお願い

近年釣り人のマナーについて議論されています。

釣り場が釣り禁止になる要因のほとんどは釣り人のマナーが悪いことです。

ゴミは必ず持ち帰りましょう。いまは神奈川に多く釣り場がありますがひとつ、またひとつと釣り禁止が増えることでどんどん釣り場がなくなってしまいます。

となると残っている釣り場に今以上に釣り人が多く押し寄せ釣りがしにくい状態になりかねません。

これ以上釣り場を減らさないためにもゴミやマナーをお守りいただくようお願いします。

 

また磯で釣りをする場合、必ずフローティングベストの着用をお願いします。

義務化されたものではありませんがフローティングベスト未着用の落水事故も釣り禁止になる要因です。

 

以上のことを守り楽しい釣りを!