神奈川発釣りブログ 釣れ然なるままに

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

これからの時期、釣り初心者におすすめしたい服装

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは。

桜も葉桜になり、海水温が徐々に上がり始め、いよいよ釣りシーズンの到来を予感させます。

暖かい日が多いとは言え、この時期は朝は寒く昼間は暖かいという日が多いですね。

そんな気温差のあるとき、皆さんはどんな服装で釣りに行っているでしょうか。

今回は春に着たい服装とメーカーウェアではなく、安く買える服をご紹介したいと思います。

 

これからの時期、釣り初心者におすすめしたい服装

先ほども書いたようにこの時期で注意しなくてはいけないのが朝は冷えるが日中は暖かいというところ。

昼間は暖かいからと言って軽装で行くと朝の寒さで心が折れる程度ならまだしも最悪風邪を引いてしまうこともあります。

また海、川、湖と水辺は体感温度が下がるものです。

これも考慮しておかないといけません。

 

おすすめなのはやはり重ね着。

アウターを春物にして、インナーを重ね着するのが一番いいと思います。

朝はしっかり着込み、暖かくなったら重ね着したインナーを脱いでいくというのが理想。

アウターを脱がないのはなぜか。

アウターはレインウェアのようなものがいいです。

というのも汚れが付着しても簡単に落とせるから。

トレーナーやジャージですと魚のぬめりや血が、餌がついたら洗濯も大変になってしまいます。

なのでアウターには撥水性の高い、シャカシャカしているものがいい。

ズボンも同様に撥水性が高いものの方がいいでしょう。

ジーンズでもいいかもしれませんがこちらも汚れが落ちにくいです。

またジーンズにハリが刺さるとなかなか取れなくなります。今まで何度か刺したことがありますがその都度ジーンズを破く勢いで対処しました。

あまりお勧めはしません。

 

ではネットで買える具体的な服装をご紹介したいと思います。

 

アウター

 

春時期はレインウェアという表記の商品であれば使い回しができます。

レインウェアは適度な保温性があるので朝の寒さに耐えることができます。

急な雨、波飛沫がかかっても安心。

釣りを始めたての場合はなるべく安いものを買った方がいいでしょう。

言い方が少々乱雑ですが使い捨てる感覚の方がいいです。

というのも色々引っ掛けたりして破れること。日中強い日差しを浴びるので紫外線劣化をすることが多いためです。

海で使う場合は基本的に毎回洗った方がいいです。ファスナーに砂と潮が噛んでしまいあげられなくなったりします。

で、毎回洗うと痛むわけです。

少しでも長持ちさせるならシリコンスプレーなどをファスナー部にかけると滑らかさが続きます。

 

インナー

 

トレーナーでも構いませんがジャージの方が脱ぐのが楽です。

着続けることを考えると通気性がよく、速乾性のあるジャージがおすすめ。

ジャージはもともと運動用に設計されていますのでハードな釣りでも体の動きを阻害することなく快適に着ていられます。

ゆったりとしたものよりなるべく体にフィットしたものがおすすめ。

 

 

インナーはトレーニングウェアがおすすめ。

汗を書いたら涼しく、それ以外の時には通常のシャツと変わりません。

レインウェアを着ていることを考えると汗をかきやすいので、汗をかいた時には涼しくなるようなものがいいでしょう。

最近着圧タイツの効果がないという報道がありました。

着圧タイツを否定はしませんが釣りをする上では非常に動きにくい。

そういった意味では消費カロリーが上がるかもしれません笑

ただ釣りはし難いでしょう。

 

ズボン

 

アウター同様レインウェアがおすすめ。

もしアウターで上下セットのものがあればそれがいいと思います。

一つ注意しておかなければいけないのがレインウェアは物によってポケットがついていません。

支障はないという方には問題ありませんが私はポケットに携帯を入れたりするのでないと不便です。

上半身とは違い、下は人前でなかなか脱げないので釣りに行く際は天気予報を確認してタイツを履くかどうか決めた方がいいでしょう。

 

下半身でもトレーニングウェア、コンプレッションウェアがおすすめ。

 

こちらも上半身と同様の理由です。

物によっては足の駆動をフォローするものがあります。

磯歩きをしたり、川を歩く釣りには心地よく感じるでしょう。

コンプレッションウェアならレインウェアの下でも快適に涼しく感じることができます。

ただしサイズはちゃんとあったものでないと効果が感じられません。

 

ソックス

最後にソックスをご紹介。

靴下が一番蒸れると思います。

やはりここでも速乾吸水性の高いものが良い。

 

5本指ソックスは蒸れ難いだけでなく、踏ん張りも効くのでおすすめ。

難点は履くのがめんどくさいというところでしょうか。

私も春からはずっと5本指ソックスを使っています。

 

まとめ

今回は安く買えて釣りに使える服装をご紹介しました。

釣り専用ウェアも確かにいいのですが有名メーカーのものだと非常に高く、物によっては10万円を超えるものがあります。

ウェアは消耗品ですのでそれを理解した上で買うのが自分にあったものを見つけることに繋がります。

また釣りはスポーツの一種ですので安全面、快適性が不可欠ではないでしょうか。