神奈川発釣りブログ 釣れ然なるままに

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

福浦岸壁は今後釣り禁止になる可能性があります

スポンサーリンク

台風15号の被害により、安全面を考慮した上で現在福浦岸壁は立ち入り禁止となっています。

釣り禁止ではなく、立ち入り禁止です。

 

にも関わらず、釣り人が規制線を乗り越えて侵入している模様。

 

どうしてこう辛抱できないのだろうか?

だいたいこのような行為をするのは子供ではなく大人。

 

なぜ大人であるにも関わらずルールが守れないのだろうか。

 

福浦岸壁は今後釣り禁止になる可能性があります

f:id:kyoya7zon:20190911092046j:plain

福浦岸壁は復旧に向けて関係者、専門家の調査が行われているところです。

 

もともと福浦岸壁を管理する港湾局はゴミや事故、マナーの観点から釣り禁止にしたいという話があります。

 

当然のことながらちゃんとできないなら来るな、というのは当たり前の話ですよね。

 

修復案に釣りができないようにする計画がある

はっきり言って、全員ではありませんが福浦岸壁の釣り人はマナーがいいとは言えません。

福浦岸壁を管理する港湾局もごみ収集などに予算を絞るのは正直きついと思います。

 

今回浮上した話では

 

・岸壁を補修し鉄柵をつける

・テトラを入れる

・岸壁を高くする

 

という話が出ています。

岸壁を高くするというのは多分ないでしょう。

 

転落事故が増える可能性があるためです。

同様にテトラを入れるというのも微妙なところ。

 

今回波と風の力によって岸壁が崩壊しました。

ノーダメージという訳ではありませんがテトラ、すなわち消波ブロックはしっかり役目を果たしたのです。

 

ですがこちらも全面テトラ回収とすると転落事故が増える可能性があります。

このことから踏まえると

 

・テトラを増設し岸壁には鉄柵

 

というパターンが考えられます。

 

今問われる釣り人のマナー

福浦岸壁を管理する港湾局。

同じ人間です。

 

立ち入り禁止にしているにも関わらず、続々と釣り人がきたらどう思うでしょうか?

想像できますよね。

 

今釣り人がやらなければならないのは我慢です。

立ち入り禁止のところへ行けば行くほど今後釣りができなくなるのです。

 

今我慢すれば今後も釣りができる。

今釣りに行けば今後釣りができなくなる可能性がある。

 

これくらいちょっと考えればわかるはず。

余命宣告でも受けてるのでしょうか?

 

今より未来でしょう。

現時点で福浦岸壁の釣り禁止、というか釣りができない岸壁になるのが濃厚です。