神奈川発釣りブログ 釣れ然なるままに

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

フカセ釣りで最強の仕掛けは固定仕掛け

スポンサーリンク

数ある釣りの中でも圧倒的難易度を誇るのがフカセ釣り。

様々な要素からみても釣りの頂点ともいえるでしょう。

 

フカセ釣りをいざ始めようと思ってもまず最初にぶち当たるのが初期投資。

揃えなければいけない道具が多すぎます。

とても気軽に手を出せる釣りではありません。

 

そして道具をやっと揃えたとして始めたら今度は全遊動、半遊動などなどいろんな釣り方があってよくわからない。

フカセ釣りは奥が深い、その前に入口がよくわからない釣りです。

ただし、この複雑化した釣りは趣味という要素をくすぐります。

コレクター魂に火をつけたり、探究心を燃え上がらせ発狂します。

 

さてこんな複雑でややこしくもどハマりしてしまうフカセ釣りですが確実に釣れる方法というのがあります。

フカセ釣りを始めたけどいまいち釣果が伸びないという方必見。

 

フカセ釣りで一番釣れるのは何か。ご紹介します。

 

 

f:id:kyoya7zon:20190513144312j:plain

フカセ釣りで最強の仕掛けは固定仕掛け

先日こんなツイートをしました⬇︎

 

これが今回の「フカセ釣りで最強の仕掛け」は。

という答えです。

 

そう、固定仕掛けが最強です。

と言ってもどんな時でも固定仕掛けが神というわけではなく一定条件下においては最強ということです。

フカセ釣りを始めたらまずはこの仕掛け、固定仕掛けだけを使いましょう。

むしろリールを使わず延べ竿でもいいかもしれません。

それくらい固定仕掛けは最強なんです。

 

反応をウキに出せ

フカセ釣り、ウキ釣りの醍醐味って何ですか。

やはりウキがヒュンと消し込むのをみることじゃないんですか?

 

私はウキが沈むのをみるのが大好きです。

あのドキドキ感がたまりません。

 

逆に言えば、ウキであたりを取らない釣りに関しては少しばかりアンチです。

風が強い、波がある、サラシを狙う時には私もウキを沈ませますが通常時は必ずウキであたりを取ります。

 

まず徹底したいのはウキにあたりを出すようにすることです。

ウキにあたりを出すというのは明確に合わせるタイミングを可視化していることになります。

ラインであたりをとったりするのに対してウキにあたりを出す方が精度は高くなります。

 

ではウキにあたりを出しやすくするにはどうするか。

タナをきっちり合わせてウキを固定する、のです。

タナがきっちりあっていれば当然ウキは沈みます。

 

なぜウキを固定にするのか。

よく本などで書かれているのは半遊動が一番多いですね。

半遊動というのは一定時間、ウキ止めにウキが当たるまでの時間、ウキに反応が出ない時間が存在します。

はっきり言ってこれが無駄です。

 

ウキに反応が出ない時間、そんなものは不要です。

ただし半遊動を使わなければいけない場面があります。

 

それは竿の長さを超えるウキ下の場合。

当然固定仕掛けにするには竿をより短い仕掛けでなければなりません。

それよりも深いタナにあたりがある場合は半遊動を使用します。

 

問題点を一つずつ確認する

例えば固定仕掛けの場合、半遊動や全遊動などに比べ確認することが少ないです。

 

ウキの反応はなくエサが取られている。

これはウキ下が深すぎるためです。

 

半遊動や全遊動の場合、ラインメンディングをしっかり行い、仕掛けがちゃんと入るように手ほどきしてあげなければいけません。

固定仕掛けはある程度仕掛けをまっすぐにしておけば勝手に仕掛けが立ちます。

ここも固定仕掛けの方が反応速度が早くなります。

 

半遊動でウキ止めにまだウキが到達していない時。

これは釣り人側では管理できない時間になります。

仕掛けが立っているのか、浮いているのか、確認する方法は色々ありますが割ともやっとしていることが多いです。

 

固定仕掛けは目で見て明らかですので確認も単純。

さらに言えば固定仕掛けというのはウキ下=ハリスのことが多いので仕掛けの立ちは早くなります。

先ほども書きましたが固定仕掛けを使う場合、しっかりタナを合わせてウキに反応を出すことが大切です。

 

ということは反応が出るウキ下を探る・・・つまりここさえ見つかれば釣れまくるということです。

半遊動、全遊動、沈め釣りなどは割とタナボケすることが多いですが固定仕掛けならタナは一目瞭然です。

 

エサが取られなければ深くし、ウキに反応なくエサが取られるなら浅くする。

単純なセオリーを守るだけです。

 

オールシーズン適用可能

この固定仕掛けはほぼオールシーズン使えます。

魚が2ヒロ半くらいまでなら固定仕掛けで釣ることができます。

寒グレなどタナが深くなる場合は固定仕掛けは使えなくなります。

目安としては2ヒロ程度、2ヒロ半だと少し扱いにくくなってきます。

 

ハイシーズン、トーナメントシーズンではだいたい釣れるタナは1ヒロ〜2ヒロですので固定仕掛けが圧倒的に有利になります。

釣れるタナを5投くらいで見極めれば爆釣タイム突入です。

近年多様化しつつあるフカセ釣りですが意外と固定仕掛けを使う人が少ないように思えます。

 

軽く魅力を書かせてもらいましたがウキ釣りの原点にして頂点、固定仕掛け。

間違いなく最強です。