神奈川発釣りブログ 釣れ然なるままに

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

【青物 ヒラスズキ 根魚】DUEL モンスターショットの使い方

スポンサーリンク

ついに発売されましたDUEL モンスターショット。

間違いなく今季、いや今年最強ルアーと言えます。

 

飛ぶ

泳ぐ

しゃくれる

オールレンジ

 

これだけの要素が揃っているルアーはそうないですよ。

目新しいルアーが出ない限り、ルアーの頂点にたつ物と信じています。

このルアー一つでソルトルアーは攻略できるのです。

 

とは言え攻略するには使い手の技量も必要になります。

今回はモンスターショット1つでソルトルアーを制する為に必要なテクニックをご紹介したいと思います。

誰でも釣れるルアーではありますがなんでも釣れるようにする為にはテクが必要です。

 

難しいものではないので「こんな使い方があるんだ」という程度に覚えていただければ幸いです。

【青物 ヒラスズキ 根魚】DUEL モンスターショットの使い方 

f:id:kyoya7zon:20190814093249j:plain

http://www.duel.co.jp/products/hc_monster_shot

モンスターショットはなぜなんでも釣れるのか。

それはルアーというものの本質、歴史を知ればわかります。

 

ルアーの元祖はなんだかご存知ですか?

 

諸説ありますがとある昔、ボートで釣りを楽しんでいた釣り人が、ボートの上で昼食を取ろうとした時。

謝ってスプーン(食器の方)を落としてしまったそうです。

きらめきながら沈むスプーンにトラウトが食いついてきたのをみてルアーという概念が生まれました。

 

スプーンはただの鉄の塊。

使い方によってはオールレンジに対応しています。

 

メタルジグも同様です。

メタルジグはスプーンと兄弟といってもいいでしょう。

 

メタルジグの特徴は飛距離、フォール、しゃくりあげもできる上にただ巻きもできる。

 

メタルジグの遊泳姿勢はスプーンと同様、シンキングペンシルと近いものがあります。

しかし所詮は鉄の塊。

ナチュラルに泳ぐという意味ではプラグであるシンペンには勝てません。

 

モンスターショットはメタルジグに並ぶ飛距離を出せ、沈降速度も毎秒50センチとプラグの中では比較的早い速度で沈みます。

このことからこれまでプラグでは難しかった根魚の攻略も可能になりました。

イメージ的にはスピンテールやバイブレーションに継ぐ存在とも言えます。

 

ですがスピンテール、バイブレーションはしゃくりあげには向きません。

またトップを跳ねさせることも難しいでしょう。

 

モンスターショットはこれにも対応する為オールインワンのルアーであると言えます。

 

トップ

f:id:kyoya7zon:20190814095048j:plain

http://www.duel.co.jp/products/hc_monster_shot

 

まず基本となるのは水面直下を泳がせること。

活性の高い朝まずめ、夕まずめであればいわゆるただ巻きで十分ヒットに持ち込むことができます。

 

さらに圧倒的飛距離で他のルアーでは届かないエリアも打つことができます。

 

ダイビングペンシルなどトップ系ルアーが有効な場合、シンキングには反応しないケースもあります。

しかしこのモンスターショットならロッドを立てながらちょんちょんとアクションを入れるだけで水面に頭を出しながらアピールすることが可能。

 

これだけ聞くと他のシンペンでもできるのでは?

と思うでしょう。

 

しかし他のシンペンでは重さが足りず、跳ねすぎてしまうことが多いのです。

このモンスターショットは重いだけではなく。極小リップで水を掴む為、過度な飛び出しを防ぐ効果があります。

 

使用しているロッドでどの程度の力で跳ねるのか、ぜひマスターしてみてください。

 

フォールからのしゃくりあげ

f:id:kyoya7zon:20190814095116j:plain

http://www.duel.co.jp/products/hc_monster_shot

 

沈降速度は毎秒50cm。

プラグにしては比較的早い速度です。

 

この早い速度が底層〜中層の青物攻略に役立ちます。

 

青物を狙う際の基本として朝まずめ、夕まずめの活性が高い時はトップ。

日中は魚が沈むのでメタルジグによるしゃくりあげが有効となります。

 

メタルジグは非常に優秀ではありますが比較的早いフォール、しゃくりあげでミスバイトが多いのも特徴です。

 

モンスターショットはメタルジグより沈むのは遅い、浮き上がりも遅い。

これを利用してミスバイトを減らすことができます。

 

またヘビーショットにもありますが弱った、疲れ切ったベイトを演出する水平フォール。

これで青物を誘います。

 

ただ巻きの際も、定期的にストップを入れ、沈ませることをお勧めします。

止めた時に結構ヒットしてくるはずです。

 

根魚を攻略

f:id:kyoya7zon:20190814095645j:plain

http://www.duel.co.jp/products/hc_monster_shot

 

根魚はソフトルアーで狙うイメージが強いです。

しかしそこの根魚は何を食べているのか、これによって有効なルアーというのは変わります。

 

小魚を捕食しているのにエビのようなワームでは反応しにくい。

もちろん逆も然り。

 

根魚は想像以上に活発に泳ぎ、小魚を捕食しています。

 

ボトムをスピンテールなどで探ると結構ヒットします。

これと同じでモンスターショットでやると有効なのです。

 

どちらかと言えばモンスターショットの方がマッチザベイトと言えることが多いでしょう。

 

注意しなければいけないのが根掛かり。

当然ワームに比べれば根掛かりしやすくなります。

 

ある程度、水深を把握した上でフォールさせる必要があります。

割と簡単です。

 

毎秒50cm沈むわけですから着水から10秒後には5mです。

こんな具合に把握すれば問題なし。

 

事前情報やメタルジグなどで測ってもいいでしょう。

また先ほども書いたように根魚はボトムを叩く必要はありません。

食う時には浮かび上がって食ってきます。

なので着底にこだわらず、沈めて巻くということを意識すればいいと思います。

 

そこからしゃくりあげれば青物も狙えるので使い方は多彩です。

 

 

確実に釣果をアップさせるモンスターショット

めちゃくちゃごり押ししてますが企業案件ではなく、本当によく釣れるルアーだからお勧めしています。

お勧めはクリアー、ピンクイワシ。

 

マグロなどオフショアでのナブラ打ち。

しらすパターンやイカパターンに間違いなくクリアーが有効です。

 

モンスターショット

名ばかりではなくモンスターを釣るためのルアー。

当然貫通ワイヤーなのでたとえルアーが壊れてもヒットした魚をばらすことはありません。

これからの時期、大活躍間違いなし!