神奈川発釣りブログ 釣れ然なるままに

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

青物はルアー・プラグとメタルジグ、どちらが釣れるか

スポンサーリンク

至る所で青物の釣果が聞かれるようになりました。

そろそろ青物シーズンの到来です!

 

毎年青物シーズンになると

プラグ、ルアーとメタルジグどっちがいいのか

という議題が上がります。

 

それぞれ長所短所があり、その時々によって異なります。

が、スタイルによって使うものが異なると思います。

私の場合は結構プラグにこだわっています。

理由としては楽しいから。

操作するのが楽しかったり、トップでバシャっと反応するのが楽しいなどなど。

 

では結局どちらの方が釣れるか、解説していきます。

 

青物にはプラグとメタルジグ、どちらが釣れるか

f:id:kyoya7zon:20190602090154j:plain

どちらが釣れるか。

結論から言うとどっちも釣れます。

 

ですが傾向としてはメタルジグが釣れる日はプラグがダメ。

プラグで釣れる日はメタルジグがだめ。

と言う感じの日が多いです。

 

なので確実に釣るのであればプラグもメタルジグも両方持っていくべきです。

 

プラグで釣れる日、メタルジグで釣れる日となぜ分かれるか。

これは主にその日のタナが影響しています。

 

プラグは比較的表層のレンジを攻略。

鳥山が出ていたりベイトが表層にいる場合はプラグが有利になります。

メタルジグで対応する場合はしゃくらず、着水したら比較的早めのリトリーブでいけます。

 

プラグはヘビーシンキングミノーを使っても割と浮かび上がるので5mより深いところは攻略できません。

飛び道具的な意味でバイブレーション、スピンテールも使えますがデフォルトで付いているフックでは青物には勝てないのでご注意を。

 

メタルジグはオールレンジ対応可能ですが表層の場合はプラグには勝てません。

適材適所と言ったところです。

 

メタルジグの最大の特徴はしゃくると言う独特の誘い方ができることです。

そういえば最近、しやくり上げるプラグも出ましたよね。

 

このしゃくりあげと言うのはプラグでは絶対にできない誘い方。

それと幅広いタナをサーチすることができます。

 

ただし難点もあってメタルジグは重いため吸い込むようにしてバイトする青物にフッキングしにくいことが多々あります。

またしゃくるアクションというのは結構ミスバイトが多いのです。

その点、食わせるという意味ではプラグの方が有利になります。

 

プラグの使いどき

先ほども書いたようにプラグは鳥山ができていたりベイトが表層にいる場合に威力を発揮します。

またこれは余談ですがシイラを釣るなら圧倒的にプラグが有利です。

というのもシイラはほぼほぼ表層を回遊しているためです。

 

これらの条件を考えるとプラグは朝一の先発で使うことをお勧めします。

表層にベイトがいる場合、トップを使えばベイトが逃げ惑うのでサーチベイト的役割をしてくれます。

これでもしベイトが確認できないようであればメタルジグに変更してボトムから探るのがいいでしょう。

 

青物の活性が高いとガンガンボイルします。

この時は間違いなくプラグを使用するべきです。

アクションは動かして止める、これを徹底します。

特に止めるというのが非常に重要で、止めた時に食ってきます。

動かし続けているとミスバイトを起こす。

そして一度ルアーに触れてしまうとその魚はもう食ってきません。

確実にワンチャン拾う意味でも食わせる間を意識しましょう。

 

メタルジグの使いどき

メタルジグの使いどきはベイトが沈んでいる時や目視では何も変化がない時に使用。

時間帯でいうと朝まずめ後、日中に使用する機会が多いです。

 

またメタルジグはプラグよりもかなり飛ぶので接岸仕切っていない鳥山を狙う時にも有効です。

そう言った意味を含めてメタルジグはレンジ、飛距離と一番広い範囲を攻めることができます。

 

と利点が多そうなメタルジグもいくつか欠点があります。

先ほども書いたようにミスバイトが多いという点。

 

そのほかにはヒットレンジがわからないという点。

ボトムからしゃくりあげてヒット。

しかしボトムから何mのところなのかわからないケースが多いです。

となると連発するのが難しくなってきます。

1回のしゃくりでどれくらい上がるのか知っておく必要がありますがなかなか難しいものです。

感覚としてボトムから何回しゃくったらヒットした。

または着水からカウントダウンしてどれくらいでヒットした、を目安に操作しましょう。

 

プラグかメタルジグかは好み

プラグとメタルジグ、両方を使うのが理想ですが結局は好みになります。

冒頭にも書いたように私はトップでドカンと出てくれるのが好きです。

またプラグを操作するのも好きです。

 

なので結構プラグで粘ることが多いです。

本当に反応がない時や遠くのナブラを狙う時にメタルジグを使うくらいです。

 

この逆にメタルジグでしゃくるのが好きという場合もあります。

実績的にもメタルジグの方が相性がいいという場合も。

 

オフショアではキャスティングとジギングは全く異なる釣りですがショアは同居する釣りです。

臨機応変に対応するもよし、こだわるのもよし。

 

ただ一番釣れるのは両方使えるアングラー。

 

 

ですがローテーションを間違えるとずっと釣れなくなります笑