釣れ然なるままに written by 小泉 貴久

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

釣りブログで集客できない、収益が増えないあなたへ

スポンサーリンク

ツイッターでの投稿文は過激に書いてしまい申し訳ございませんでした。

今回ご紹介するブログ運営、SNS運用テクとして実践させていただきました。

その概要はこの記事に記載されていますのでご覧いただければ幸いです。

 

 

今回はご相談いただきました釣りブログの作り方、運営方法について解説しようと思います。

理屈だけではわかりにくいこともあるのでこの記事内で実践も交えて解説しようと思います。

わかりやすいようにあえて過激に書く部分もあるのでご了承ください。

 

 

それでは始めます。

 

釣りブログで集客できない、収益が増えないあなたへ

f:id:kyoya7zon:20201225145842j:plain

釣りブログを書いているあなた。

何が望みですか?

 

・自分の釣果を見せたいからアクセスが欲しい

・記録用としての補完目的

・収入を得たい

 

記録用であればこの記事は読む必要はありません。

 

今回はアクセスを増やす方法をメインで書いていきます。

収益はアクセスが増えれば比例してくることが多いです。

 

ブログにアクセスしてもらう工夫

さて、早速ですがここまでの文章においていくつかのテクニックを使用しました。

 

1つは「あなた」という言葉。

これは心理学に基づくライティングテクニックです。

全体を指すより単体で、呼び掛けられたかのように「あなた」と呼ばれると反応しやすいというデータがあります。

 

特に今回の記事は悩みを持った方へ読んで欲しい内容です。

つまりここで「あなた」と呼ぶとブログ集客できない人に対して

「え?俺のこと?」

という心理が働きます。

(もちろん働かない人もいます)

 

これがまず一つ目。

記事を向ける対象を限定することです。

 

極端な話ではこの記事のタイトルを

「釣りブログで集客できない小泉くんへ」

としたら多分何人かの小泉くんはこの記事を読みます。

他には「集客できない小泉くんって誰?」という反応を得ることもできます。

 

何はともあれ、まずはブログに入ってもらうことが重要です。

あまりいい方法では無いですが炎上商法的な煽りも効果的です。

 

トップブロガーであるイケハヤさんはそのひとり。

今はタイトルが違いますが以前は

まだ東京で消耗してるの?

と東京で働く方を煽るタイトルでした。

記事のタイトルではなくブログタイトルです。

斬新ですよね。

 

この記事で炎上というか煽るとすれば

釣りブログで集客もできない、収益も出せないならブログやめろ

といった感じです。

 

 

さてもう一つのテクニックは・・・

後ほどご紹介します。

SEOに関することです。

 

 

ユーザー目線で記事を書く

プロブロガーというのはたくさんいます。

自己啓発系だったり、仮想通貨の投資ブログだったり、アフィリエイトだったり。

 

釣りでプロブロガーってどれくらいいるでしょうか。

大変申し訳ないのですが私は自分以外知りません。

 

プロブロガーという規定も怪しいのでざっくり定義します。

 

上位ランクではブログ収入だけで生活している

これに私は当てはまります

 

収益をあげている

よくお金をもらったらプロフェッショナルと言われます。

数十円でも収益化できていればプロと言えるでしょう。

 

 

では釣りブログは日本においてかなりあります。

料理ブログとかと同じレベルであると思います。

しかしその大半が成功したブログではありません。

ただの日常を綴ったブログにしか過ぎません。

素人のブログです。

 

なぜ素人のブログなのか。

結論からいうと読み難いからです。

 

最近は動画や音声が情報として多く入る時代になりました。

本のページを1枚めくるより、スクロールしている方が早いです。

そう、文字を読まないんです基本的に。

 

読書嫌いな子供って結構いますよね。

算数得意でも文章題になった途端に苦手になる人もいます。

 

現代人はさらに文章に弱く、毛嫌いしています。

なのでブログの記事を書くときに前提として読まれないと思って書きましょう。

これは最後に参考文献で紹介している「武器として書く技術」に書かれています。

 

今私もこうして数十秒かけて数行書いてますがご覧になってくれている方は親指でスッとスクロールすればコンマ秒で通過します。

いちいち、一字一句読まないです。

 

 

 

ただでさえ読む気がない人に読みづらい文字を並べても読まれるはずがありません。

極論から言えばブログは箇条書きでいいとすら思います。

 

いかに自分のブログが読み難いか。

それはアナリティクスなどで滞在時間や離脱率から読み解くことができます。

 

滞在時間が30秒以下ならかなり改善した方がいいです。

また1ユーザーが1ページしか読んでいない場合もブログとしての価値が怪しいです。

というのも検索から1つのページに流入しました。

興味があったり、読みやすかったりすればブログ内を回遊します。

 

回遊させるためにはブログ内検索ボックスや関連記事の表示をする必要があります。

 

しかしいったん読み難いと判断されればユーザーは離れます。

一説によると滞在時間が短いサイトはSEOで不利になると言われています。

 

Googleなど検索サイトは

「ユーザーの求める質の良いサイトを表示」することを目的としてしています。

適当な検索結果をあげてはそのうち誰も使ってくれなくなりますよね。

なので検索エンジンも必死にチューンアップしているのです。

 

基本的に記事を制作するときには読みやすい、停滞してもらえる記事を作ることが目標です。

見やすい記事というのは人によっていろいろありますがざっくりと考慮したいところは

 

・もくじと見出しによる整理

目的の情報まで辿り着きやすくしてあげる工夫です。

 

・改行を使って文字の密度を減らす

現代ではほとんどがスマホからのアクセスです。

スマホ画面いっぱいに文字が出たら読み難い、嫌われます。

 

なので適度な改行をして読みやすくする必要があります。

ブログは縦方向に伸びていきますので改行などでスペース(長さ)を稼げば滞在時間の向上につながります。

 

とはいえ

というのはやめましょう。

 

他には重要なところを太文字にしたりアンダーラインを入れたり色をつけて強調することです。

先ほどブログは箇条書きでいいと書きました。

これらの装飾文字がその箇条書きに当たるようにすればいいです。

 

太文字などだけを読めば把握できる記事は良質と言えるでしょう。

 

 

1記事あたりの文字数

一説によればSEO的には800文字必要

1200文字以上

3000文字以上

 

などなど言われています。

実際のところそこまで文字数は気にしなくていいと思います。

 

が、質は大切です。

800文字でユーザーが求める回答が出せて、疑問も全て解消できる記事だったら最強です。

が実際は800文字で納めるのは難しいと思います。

 

良質な記事を作るとなると2000文字を超えます。

この記事のここで2567文字です。

 

短い記事の場合、どんなに質が良くても滞在時間が短くなります。

長い記事でだらだら書いてある場合スクロールで一瞬で最後尾まで行き離脱します。

 

文字数がどうのという前にまずは読んでもらえる記事を作りましょう。

そういった記事を作れば必然と文字数が増えてきます。

5000文字超える場合は記事を前半後半で分けた方がいいかもしれません。

 

 

 

ちなみに文字数稼ぎは無駄です。

というかやめた方がいいです。

 

例えばシマノ ステラインプレ という記事を書くとします。

 

ステラインプレの他に

シマノの歴史

ステラの歴史

下の機種、ヴァンキッシュやツインパワーの紹介

 

いらないですよね。

あっても読まれません。

不要なものは入れず、文字数を稼ごうというのはやめましょう。

 

 

SEOについて

冒頭で出てきたテクニックの答えはこちらです。

 

SEOテクニックはいろいろ言われていますのでやるやらないというのは自己判断。

またネットでSEO対策しますとかいってる人や業者がいますが実際効果が怪しいのであまりお勧めしません。

それなら自分でほんとかよ〜って思いながら策を講じる方がいいのではないでしょうか。

 

 

ブログ記事を書く上でやりやすいのがタグです。

見出しはとても重要です。

 

H1、H2、H3、H4、H5

大見出し、中見出し、小見出しというものです。

 

この章ですと

<h3>SEOについて</h3>

これになります。

はてなブログは仕様の関係で記事にはH3からしか使えません。

 

検索でヒットさせたいワードをこの見出しに入れます。

また太文字などで強調すると効果があると言われてます。

 

このように記事タイトルと検索ワードを関連付けるのをコツコツとやるのです。

1発の記事で上位に出ることは稀です。

記事を積み重ねてどんどん上に表示されるようになります。

 

三浦半島で

青物

ヒラスズキ

ヒラメ

だとほとんどこのブログが上位じゃないでしょうか?

 

画像検索でもバンバン私が出てくると思います。

これは単純に三浦で釣りをしてその記事が蓄積されているからです。

 

さらに言えば私より多く三浦で釣りをして記事を書いているブログがたくさんあると思います。

しかしなぜこのブログが上位を維持するのでしょうか。

それがやっぱりSEO対策と呼ばれるものの有無なんです。

 

ちなみにこの記事で狙っている検索キーワードは

 

・釣りブログ 収入

・釣りブログ 収益

 

といったところです。

Googleのキーワードプランナーを見ると月間で100〜1000件程度の検索需要があります。

記事のタイトルは適当につけず、キーワードプランナーで検索してみましょう。

f:id:kyoya7zon:20201225142806p:plain

低、高というのは競合率です。

高になると上位を取るのが難しくなります。

 

狙いやすいおすすめは

100〜1000 競合性:低

 

これ必勝法なんですけど

勝てない戦はしなければ負けません。

勝負しなければ負けることはありません。

 

だから競合が少ないところで勝負します。

釣りブログというのは割と競合が少ないので私のようにずば抜けた勝ち組になるんです。

 

ただし、釣りブログの競合は・・・まずはこのブログですか。

事実のような冗談はさておいて、本来の競合はブログではありません。

メディアです。

 

例えばTSURI NEWSさん、TSURI HACKさんなど。

これら企業単位です。

ライターを雇って毎日記事を量産しています。

 

正直勝てるわけがありません。

寝ないでブログ書きますか?としても多分勝てないでしょう。

なのでそこをどう勝つか。

それとも競合がいないところで勝負するか。

といった必要があります。

 

 

SEOに関してはいろいろな手法があるので調べて実践してみてください。

私のおすすめはH1などの見出し。

見出しと太文字などでキーワードを強調する

 

といってもゴリゴリに推すのはやめましょう。

ユーザー第一です。

 

SNSファーストという時代

SEOも大切ですがSNSはもっと大切です。

検索で上位表示はほんと大変ですがSNSであれば人に見えやすくなります。

 

また近年ではSNSからの流入もGoogleの評価対象になると言われています。

理想は検索エンジンからもSNSからも入ってくる流れです。

 

そのため必然的にブログ運営だけでなくSNSの運用方法も考えなければなりません。

ブログという商品を売るにはSNSというチラシを撒く

そんな感じがします。

 

ブログに関してもちゃんと運用している人が少ないと書きましたがSNSも同様です。

趣味、友達との繋がりがしたいならそれは全然いいと思います。

しかしブログで収益化を目的とするならそういう運用はいらないです。

 

もし今のSNSのアカウントは知り合いとか多いからと思うなら新しいブログ用のアカウントを作ってください。

SNSの運用は投稿数がブログより多くなるのでさらに注意が必要です。

 

プロブロガーの中で言われているご法度をめちゃくちゃ悪い言葉で書きます

 

・お前の昼ごはんなんか興味ない

・お前の呟き、嬉しいことや愚痴なんて興味ない

(TwitterってつぶやくSNSなのに・・・)

・お前の家族とかどうでもいい

 

この辺がよく言われています。

承認欲求があってそれを投稿したい気持ちはあると思います。

しかしあなたをフォローしている人はそれがみたいわけではない。

 

特にブログでつけたファンなどはブログの内容、またはそれ以上の情報を求めています。

そういっちゃうと人間味のないアカウントになりますが、それを人間らしさを出しながら運用するのです。

 

興味ない、というユーザーの思考が

何か役立つことをつぶやかなきゃ

となったため投稿頻度が大幅に減りました。

 

この対策としてインスタではストーリー、ツイッターではFleetという機能が生まれました。

 

 

あとはブログを優先するのであれば起伏のある感情は出さないようにした方がいいです。

ムカつくこともあるでしょうけどそこは抑えます。

でないとブログに傷が入ることにも繋がります。

 

嬉しい喜びはどんどん表現して、怒りや哀しみは抑えましょう。

 

あとはブログの投稿もそうですが投稿時間は絶対に意識しましょう。

SNSのユーザーが集まっている時間は何時か?

その濃い時間に投稿するように心がけましょう。

 

 

6時、7時は起床と通勤で結構オンラインユーザーが増えます。 

12時もランチですので増えます。

19時以降も増えてきます。

 

この時間を意識して投稿しましょう。

 

 

 

後編に続く

この時点で5153文字となりました。

先ほども書いたように後半に分けたいと思います。

 

次回は

SNSでブランディング化

書くべき記事の種類

広告の理想的な配置

 

この文字数を40分ほどで書きました。

これくらいの速度があればいい、というわけではありません。

プロブロガーとして記事を量産していると徐々に作業効率が上がってきます。

慣れてきますので頑張ってください!

 

 

たまに収入について聞かれることがあります。

ご存知の方も多いと思いますが私は以前、大手レコード会社ビ○ターエンタテインメントにで働いていました。

当時の年棒は30代の平均年収の上でした。(当時私は20代半ば)

 

現在はそれより楽しい日々

時間も金銭的にも不自由を感じない生活を送っています。

 

と書くとすげぇ胡散臭いんですよね笑

 

 

参考文献

 

冒頭で使った「あなた」などといったテクニックが書かれています。

有名なブログを見るとこの本読んでるんじゃないかな?ってくらいこの本のテクニックが出てきます。

 

 

基本的に文章は読まれない。

その前提で書かれています。

イケハヤさん

トップブロガー、おそらく頂点でしょう。

その手法です。

 

 

 

根本的にSEOってなんだ?

SEO対策って?

で文章読むのめんどくさくないですか?

専門用語飛び交うし理解しにくいですよね。

 

それがわかりやすく漫画で書かれているものがあります。

 

漫画で、ねぇよ!って突っ込みたくなるような内容なんですが知識としてはしっかり書かれています。