神奈川発釣りブログ 釣れ然なるままに

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

【推奨】キハダマグロキャスティングではバーブレスフックにすべき?

スポンサーリンク

今回少し触れたいのはキハダキャスティングゲームでの注意事項です。

 

シイラやライトルアー船では割と当たり前になっているバーブレスフック。

キハダマグロにおいては割とグレーになっています。

船宿によってはバーブレスにしろと書いてあるところもありますが何も書いていない、注意がないところもあります。

 

というわけでキハダマグロを釣るにはバーブレスは必ずしも使う必要がないという状態です。

 

今回あえて言いますがバーブレスにしてください。

一度事故に遭遇した私的にはそのほうが色々と安心安全ですから。

 

 

【推奨】キハダマグロキャスティングではバーブレスフックにすべき?

f:id:kyoya7zon:20190712134901j:plain

バーブレスにしましょう。

 

そう聞いてバーブレスは嫌だなと思う理由はなんですか?

潰すのがめんどくさい?

交換するのが面倒?

バーブレスフックを買うのがめんどくさい?

 

ばれやすくなる?

 

言わんとすることはわかります。

ではこれらの反対を考えてみましょう。

 

船上でキャスティングをする釣りは想像以上に事故が多いものです。

ルアーが他人に刺さることがあります。

刺さるそれだけではなくカエシがあると抜けないんです。

 

小さい針ではないので一度貫通したら自力、他力では無理です。

病院に行くしかありません。

 

手とか腕に刺さったくらいならまだしも、耳、鼻、目に刺さったところを想像してください。

 

その人に一生かけて償うことになります。

交通事故と大差ありません。

 

そんな危険がキャスティングゲームにはあります。

刺さらないように注意するのがまず第一。

 

刺さったとしても少しマシにするためにもカエシは潰し、バーブレスにした方が。

 

病院へは遠い

マグロ船は相模湾といえどかなり沖に出る釣りです。

そんなところで怪我をしてしまっても陸に戻るまでかなり時間がかかります。

 

マシとかいう話ではありませんがちょっと針が貫通してしまってカエシがあるから病院へ行かなくてはならない。

 

バーブレスだったからすぐ抜いて応急処置して釣り続行。

 

これなら後者の方が船に乗っている人全員いいと思います。

そもそも事故を起こさないようにしなければなりませんが・・・

 

それにしてもあのでかい針が手に刺さって血がダラダラ垂れているのを見たらゾッとします。

バーブレスでバレるやつは下手くそか?

バーブレスはばれやすい。

 

うん、そりゃそうだ笑

バラさないためのカエシを潰してるので当然ばれやすくなります。

 

管釣りはバーブレスが基本ですがみなさん上手に釣り上げています。

いやバレるのが当たり前と思ってやるから数が伸びるのかもしれません。

 

慣れてくるとそんなにばれやすいという印象もありません。

 

シーズンによって私はヒラスズキに対してバーブレスを使っています。

その方が僅かでしょうけど貫通力が上がり、フッキングしやすくなります。

 

フックを細軸に変える選択肢もありますがヒラスズキのような魚ではフックが折れる可能性があります。

なのでバーブレスを使用します。

 

ヒラスズキやシーバスなんかはカエシがあってもバレる時はばれます。

青物もそうです。

ラインテンション抜けただけでバラします。

 

マグロを釣る上でワンチャンスが非常に大切、というのはわかります。

 

 

ヒラスズキだってワンチャンスが非常に大切です。

 

これだけは言いたくない。

バーブレスだからバラした。

 

笑 

釣れる確率をあげるには

誰だって釣りに行くのなら釣りたいですよね。

 

 

バーブレスを使ったとしてバラさないようにするには・・・

色々対処法はあります。

とりあえずやれるだけやってみましょう。

 

とにかくテンションは抜いたらダメです。

青物、マグロは早いから、急にこっち向かって突っ込んでくるとふわっとラインスラッグが出ます。

鬼の高速巻きでどうにかしてください笑

 

ちなみにテンションが抜けるとき、カエシがあってもバラします。

シーバスとかのエラ洗いは面白いくらいバラしますよね。

 

 

バーブレスが近いうちにルール化される

今年に入ってすでに結構な数、事故が起きてます。

 

表立ってないだけです。

 

どれだけ危ない釣りなんだよ。

と言うことになってしまいます。

 

釣りというジャンルは娯楽行楽。

それである以上やはり安全であるという条件がつく。

 

管釣りが魚を傷めないようにするためにバーブレスとしているように、近いうちオフショアキャスティングはルールとしてバーブレス必須に統一されるような気がします。

 

マグロだけじゃないでしょう。

あの狭い空間でキャスティングを行う。

それに関してバーブレスが義務化されるんじゃないかと思ってます。

 

キャスト時は後方確認

投げます!の一言を。

 

後ろを通る時は大きな声で通りまぁす!

と言いましょう。

 

 

私はフカセもバーブレスです。

よく手に刺しますが、バーブレスでよかったなって思ってます笑

 

逆にカエシがあった方がいいと思うのはサビキとか口が弱い魚を釣る時ですね。

バーブレスについて詳しくはこちら。

npo-barblesshook.com

 

おすすめバーブレスフック