神奈川発釣りブログ 釣れ然なるままに

横浜・三浦と神奈川を中心に旬の釣り情報をご紹介!磯釣り、青物、シーバスや釣り製品のことならお任せ!

消費税増税で今後釣船でもクレジット、スマホ決済が求められる

スポンサーリンク

消費税が増税しました。

増税と聞くとなんとも悲観的に聞こえますが2%。

 

たかが2%?

されど2%?

 

これは人の価値観によって大きく変わるところでしょう。

近所のホームセンターではティッシュやトイレットペーパーが完売していました。

まるでオイルショックのよう。

 

そのほかには酒やタバコも買いだめしている方が多かった印象です。

今はタバコやめましたが昔300円から値上がる時買いだめしたのを覚えています。

 

増税前にやったことといえば

・車検

・車のタイヤ交換

くらいでした。

といっても上記二つの合計30万円ほど。

2%ですと6000円ほどのお得。

 

本音を言えばこれくらいの金額になってくるとお得感が薄い。

これは心理学的にも解明されているのです。

 

例えば100円のものが80円に割引されるのと

10000万円のものが9920円に割引されるの。

同じに見えますか?

 

100円の方がお得な気がしますよね。

そう雄風に心理が働くそうです。

 

それと車検、タイヤに関して。

これは避けては通れない支払い。

延期したとしても車検は1ヶ月後。

タイヤは半年後くらいになるので支払えるものは先に支払う。

私はこれを貫いています。

 

後に回せば回すほど利子のようなものが発生したり圧迫する原因となります。

後払いより先払い。

最近はほとんどスマホ決済やデビットカードにしています。

クレジットは翌月なので後払いになるのがなんとも気になるんです。

 

 

さて前置きが長くなりましたが釣船、船宿は現金支払いのところが多いです。

キャッシュレス還元という時代に今後どうなるか考えたいと思います。

 

消費税増税で今後釣船でもクレジット、スマホ決済が求められる

f:id:kyoya7zon:20191001084625j:plain

軽減税率により消費者は少しでも安く、少しでもお得にという心理が働きます。

PayPayや楽天Pay、LINEPayなどアプリ上から近くで使えるお店というのを検索することができます。

 

この点からいち早くスマホ決済に対応した

・ファミリーマート

・ローソン

は利用者が大幅に増えました。

PayPayの20%還元時にはタバコなどを買う人は特にファミマ、ローソンを利用したはず。

 

そして出遅れているセブンイレブンは競合に大きく差をつけられる結果となりました。

セブンイレブン・・・

セブン&アイホールディングスは色々と遅いイメージがあります。

 

例えばメルカリが爆発的に拡大する中、セブンイレブンでは発送ができませんでした。

これだけでも利用者が離れるのは十分な理由です。

 

また独自の決済システムを組むも流出などの致命的欠陥により開始早々に中止。

信用できない状態となりました。

 

とセブンイレブンの事例から学べるように今後釣り船でもキャッシュレスに対応したところが優遇されるのは明らかです。

すでにPayPayが使えるところやカード対応の船宿も増えています。

 

以前、釣り船のサービス力について書きましたがこれまでの営業で続く時代ではないのです。

わからないから、これまでやってこれたからという言い訳は間違いなく経営を圧迫することでしょう。

 

釣り業界は衰退していると知れ

以前から書いている通り、釣り業界は右肩下がりです。

理由は

・メインの世代が高齢になりつつあること。

・若い世代に釣りが流行っていないこと

 

が挙げられます。

そもそも釣りはゴルフほどではありませんがお金のかかる遊びです。

今の時代、車離れも進む中で釣りをわざわざするでしょうか?

 

釣りに行くにも車ないですし。

 

若い世代を釣りに取り込むには釣りという要素だけでは難しいのが現状です。

 

現在、この業界を支えているのは俗にいう団塊の世代といわれる方々。

釣りは囲碁将棋などのように体が弱ってもできるようなものではありませんので近い将来、釣り人口が大幅に激減することが予想されます。

 

この穴埋めを考えれば生活に余裕が出始める30〜40代をメインターゲットにすべきではないか。

20代に関しては金銭的余裕、時間的余裕もないのでなかなか増やすのは難しいでしょう。

 

釣り船はスマホ決済にすべき理由

先ほども書いたように釣り船はスマホ決済できるところが今後伸びてくると予想されまそう。

理由は軽減税率、キャッシュバックが主な理由です。

 

しかしこれ以外にも結構大事な要因があるのです。

 

結構嫌う人も多いと思うのが財布を釣り船に乗せること。

いい財布を使っていると潮風に当てたくないものです。

なので財布は車に保管している人も多いのではないでしょうか。

 

車に貴重品!?

と思うかも知れませんが釣り船の駐車場で車上荒らしをするのは無理がありますよね。

そういった意味では車でちゃんと保管すれば問題ないと考えてます。

 

釣り船で前払い、後払いにしても財布を持っていかなければならない。

これをスマホ決済にしたらどうでしょう。

 

スマホは連絡手段、撮影などで使いますのでほぼ確実に船に持ち込むかと思います。

いちいちにお金を数えたりしなくていいのでワンタッチで決済完了です。

 

このような小さいところでも利用率、また来ようと思う気持ちが強まります。

 

知っている限りスマホ決済できる釣り船

私の知る限り、神奈川でスマホ決済できるのは以下の船宿さんです。

 

神奈川 金沢八景 太田屋

神奈川 金沢八景荒川屋

神奈川 金沢八景金 進丸

神奈川 茅ヶ崎 ちがさき丸 

 

今後拡大していくと思います。

ご予約の際に確認してみましょう。

 

 

それと電話予約はそろそろやめませんか?

電話予約とは口頭口約束です。

口約束は法律上でも非常に立証しにくい曖昧なものです。

 

今ならメールやお問い合わせフォームなど簡単に設置することができます。

ぜひご検討ください。

 

またスマホが普及した現代。

ホームページやSNSが船宿の顔といってもいいでしょう。

確実な運用、ホームページの最適化など必ず行いましょう。

 

今度釣りに関するビジネスやマーケティングについて解説したいと思います。