釣れ然なるままに

フリーランスが釣りを中心に気ままに生きる術を身につけるブログ。目標は同世代の年収を超える事です。

置くだけで家具が、家がスピーカーになる!

こんにちは。

いい買い物してますか?いい買い物ってなんだよと笑

最近、必需品とは別にいい買い物をしたと思えるものを買いました。それはスピーカーです。どんなかは後述します。パソコン、スマホで音楽を聴く機会が多いと思います。前までは私もカーナビにいちいちCD入れて、MD作ってた時代もありましたね。小学生の時は旅行行くとなると一所懸命、テープを作ってましたよ。ついこの間まではCD入れて車のハードディスクに保存して置く。それが今ではBluetoothでスマホと接続するだけです。さらにスマホがつながっていることで電話対応もできる。

以前、違反したくないし職業柄電話が多いものでヘッドセットしていました。

 

超くだらないことを言うと仕事で千葉へ、終わりが23時。一緒に仕事していた女の子を横浜まで送って帰らなければいけませんでした。運転していた時、どうゆうわけかキスする展開になった。そしてヘッドセットがそれを邪魔してムードがなくなったと言う思い出があります。Bluetooth最高。

ちなみに青い歯ですがちゃんと由来もあるんですよ。豆知識にどうぞ!

moto-neta.com

置くだけでなんでもスピーカー

音というものは空気の振動で伝わりますよね。鼓膜がそれをキャッチして音として認識しているわけです。真空状態では音は伝わりません。スピーカーの役目は空気を振動させることにあります。スピーカー内部に入っているバイブレーションみたいなものがコーンを通して空間に音を出す。

コーンに性質によって音の性格がかなり変わります。例えばJVCケンウッドではウッドコーンと呼ばれる木でできたスピーカーがあります。これは柔らかく暖かな音を出すことが得意です。私の意見ですけど。

バンド系の多くのミックスやマスタリングはヤマハの白コーンと呼ばれるスピーカーを基準にしていることが多いです。当然CDにする場合は色々なスピーカー、テレビのスピーカーもラジカセも一通り試します。

ご存知かと思いまずがCDが音の質を決めるわけではなく、発射装置・・・いわゆるスピーカーが音質を決定づけるのはいうまでもないですね。

 

今回私が買ったのは振動してそれを伝えることでなんでもコーンにしちゃうスピーカー・・・の振動機というべきか。それです。

音質を選べる

本体はこんな奴です。かなりコンパクトですが出力はすごいですよ。爆音。

f:id:kyoya7zon:20180530144612j:plain

気をつけないとご近所さんに壁ドン(物理的な意味で)されるかもしれません。

 

これの裏側、接点の部分が吸盤のようになっておりそれを置けば、置いたところがコーンの役割を果たすということ。吸盤のようですが基本的には自重もあるので平置きです。

小さいテーブルに置けば小型のウッド、大きいテーブルには大迫力の大型スピーカーになります。個人的にオーケストラとかがおすすめ。

少し音を硬く引き締めたかったらフローリングに置いてみてください。

 

とても安っぽく聞きたいならティッシュの箱とかもいいですよ。安っぽく聞きたいというか私的には非常に味わいのある味です。イコライザーでわざわざこの音を作るくらい。おっと話が逸れた。

 

振動できて、しっかり接地できるところならどこでも大丈夫です。でも周波数によってガラスなどは割れる可能性がありますので中が必要。

稼働時間は約24時間、充電式です。パソコンで使用する場合はUSBに繋いだままでいいと思います。それと無線ですので映像で使う場合、使用環境によって音ズレします。

 

サンプル

私がその場で撮ったものですから音がよく聞こえないかもしれません。

 

この曲、テンションバリ上がり。

ノリと懐かしさが押し寄せてきてやばいです。テーマソングにしたい。

 

このスピーカーは意外と安くて送料入れても4000円でお釣りがきます。小さいスペースにも置けるのでちょっとした空間に。また二機でステレオもできるってさ!!

 

そういえば過去に私が手がけた曲が今更になってamazon musicでばか売れしている様子。権利を会社へ譲渡しているので収入にはつながりませんが気分がいいですね。

 

関連商品