釣れ然なるままに

フリーランスが釣りを中心に気ままに生きる術を身につけるブログ。目標は同世代の年収を超える事です。

おすすめライン!DUEL BIGラインシリーズ

こんにちは。

春になればすぐさま夏がきてあっという間に一年が過ぎますね。釣りをしていて正直なところ毎年2月は暇です。なので自然と釣行回数も減ります。

これからようやく釣れる季節になってくる。その前にラインを変える人も多いのではないでしょうか。今回おすすめするのが大型を獲ることに特化したDUELの新しいライン。

 

DUEL BIGライン

f:id:kyoya7zon:20180311155823j:plain

PEラインとリーダーがあります。リーダーはハリスとしても使用可能。

www.duel.co.jp

大物を獲ることに特化した耐久力を備えた最強ライン。全米プロスタッフを中心に開発が進められたラインだそうです。アメリカといえばビッグゲームなイメージがあるので納得がいきます。

 

ではPE、ショックリーダーと詳しくみていきたいと思います。

 

BIG PE BRAID LINE

従来のシリーズ同様、4本組と8本組があります。

ただし、細いラインは4本組で5号を越えると8本組となっています。長さは135mか275m。青物やヒラスズキをやるなら275mを2回(一回137.5m)巻けますね。

 

今回ここが凄いなと思ったのが摩擦に強くなっていること。

上記の動画中盤でHARDCORE X4、SuperXwire X4、BIG PE4本組が比較されています。圧倒的にBIG PEが強い。HARDCORE X8と比較して約3倍の強さです。

そして価格も高くない!これはうれしいですね。磯で使う場合はとにかく擦れる事が多いのでそういった点もフォローできると思います。

 

辛口評価をするのであれば

・長さが中途半端

・カラーバリエーションが少ない

これらは近いうちに改善されるような気がします。

私は2号の青を使っています。

f:id:kyoya7zon:20180311162111j:plain

なんかぽくない笑 

手触りは結構ざらざらしている印象です。固さはSuperXwireと似たような感じ。前にも書きましたが8本組のほうが表面が滑らかになるので飛距離も出ます。

飛距離か、耐力か選ぶのは難しいところですがヒラスズキ中心であれば耐力重視を選んでいいと思います。

 

BIG フロロカーボン

大物のショックリーダー、ハリスとして使用できるフロロカーボン。ステルス仕様になっているので太くても水中では見えにくいらしい。理屈としては光の乱反射を抑えることで目立たなくする。ラインはちょっと茶色味かかってます。

f:id:kyoya7zon:20180311162921j:plain

1号~30号まであります。瞬間的な衝撃、結束強度が向上。FGノットで結んだところフロロ以上カーボナイロン以下の手応えでした。なんとなく食い込んだ気がするような・・・

 

残念な点

・ケースが大きい

・ジャストストッパーがない

というところです。ジャストストッパーは本当に必要!慣れてしまっているせいあれなしでは生きていけません笑

 

まとめ

残念な点がありますがトータルとしては満足のいくラインだと思います。しばらくはこのラインを使ってみようかと。もし駄目ならSuperXwireに戻すだけです。

結束強度、耐摩擦力が上がると本当にうれしいです。最近ここが弱点と悩んでいるところですからね。場所によって品薄状態らしいです!