釣れ然なるままに

フリーランスが釣りを中心に気ままに生きる術を身につけるブログ。目標は同世代の年収を超える事です。

1月19日 今年初フカセ釣り

もう今年が始まって20日経ちました。

早いなぁ・・・数えてみるとそんなに釣りしてないですね。今までが多かったというのもありますけど笑 

昨日はやっとフカセ釣りに行くことができました。でも水温が気になるところ。

行かずにはわからないのでとりあえず行ってみました。

 

遠足前症候群

もともとショートスリーパーですが昨日は凄まじかったですね。2時に目が覚めてもうねれない。餅焼いて食べて家を出ました。

なんだかんだダラダラ支度して家を出たのはいつも通り。妻の寝言がうるさかったですが息子は気にせず寝ていたので放置しました。

 

えーーーーーーーー

ああ・・・ああ!?

 

うるせぇよ。

 

気象条件

水温14.7度 北風 波高1メートル以下 曇り時々晴れ

コマセレシピ

水温が前日から1度下がっていたので食い渋り、深いタナだろうなと思いました。

なので深いところに行くコマセといったら爆寄せグレ。

・オキアミ

・爆寄せグレ

・パン粉(福袋に入ってたので)半袋

・湧きグレ500(遠投まとまり用)半袋

にしました。パン粉って初めて使うんですけどどうなんでしょうか。この感じだとカサ増し要員でしかないですね。

 

釣り座

f:id:kyoya7zon:20180119213904j:plain

絶壁ポイントです。釣り座から海面まで5.5メートルほどあります。

玉網は6メートルのものでないと届かないことがありますのでご注意を。

ここの難点は足場が斜めになっているので疲れるということ、ランディングが大変ということ。

それでも足元、沖と魅力的な感じになります。青物やるにはテイクバックできないので私は入りませんがショアジギングの方は結構ここでやっているのをみました。

 

仕掛け

朝の一発目。払い出しもある、実際どうなのかよくわからない。そんな時は無難に竿一本で。ハリスは2ヒロ半。

ウキは3B。感度優先でタイドマスター流巧

 

小粒なので近距離から中距離を攻めるときにはいいです。

とりあえず状況確認から!

 

生命感がない朝

可能性のあるところに流し、コマセも入れ・・・付餌残る。

タナを深くし竿一本半。

付餌残る。

 

おー先月と同じパターンじゃないですか。

今回は足元を拾うより流す方に徹すると決めました。

 

するといつからか、付餌が残ったり、無くなったり。

決めたは潰れて帰ってきたとき。

 

これはメジナがいるなと。多分。活性が引く奴が咥えて吐き出したりするとオキアミが潰れたり、モシャッとして帰ってきます。クロダイにもよくあります。

 

じっくり、自然に誘うべく仕掛けを変更。

DUEL ピースマスター 遠投M0

 

ウキ下3ヒロ。

このとき思ったのが、コマセの沈下が早くてなかなか同調できない。

こまめに、小分けに入れて行くのが最良。

 

するとウキがちょっと押さえ込まれてトンと沈みました。

f:id:kyoya7zon:20180119215058j:plain

スズメダイがいるようです・・・真冬なのに。

やっと生命感が感じられるようになったからいいでしょう。

 

メジナ33センチ

その後、払い出しと沖からの潮が当たるところに仕掛けを入れて、ヒット。

魚をかけたら確認すること

 

・重さ

・竿を叩くような引きじゃないか

・ちゃんと引くか

 

これを把握すると大体なんだかわかります。アイゴやブダイや・・・今回はグレっぽい感じでした。かなりトルクフルな。

ルアーの癖でゴリゴリ巻きそうになりますが我慢我慢。ラフィーネがすごーく頑張ってくれます。

高さのあるランディングは本当に大変。一回で腕がきつくなります。

引き波などで一瞬届かなくなることがあるので波を待ちながら待機して、波で上がったところをこぼさずネットイン。一回失敗しました。

f:id:kyoya7zon:20180119215704j:plain

ぼちぼち。30超えたら嬉しいですね。食べ応えもあるし。

水温に似合わぬタナ

休憩のたびに水温を確認しましたが変わらず14度代。

それでも餌が取られるのが2ヒロ〜3ヒロ半と比較的浅めです。低水温に慣れてきたんでしょうか。

 

手前に入れてるとエサ取りか本命かわからないので沖へ流してコマセを少量、数回に分けて追いかけていきます。

するともっそりとしたアタリ。

スカ

これを繰り返してふと思いました。

合わせ方がいけないなと。

 

寒グレの特徴

必ずしもそうではないらしいですがメジナは本来餌を咥えると反転して潜ります。これがウキが消し込む要素です。

冬の活性の低い時期にはフラフラ泳いでいるらしく、咥えても潜らず横方向へ動いてるそう。

なので竿を真上に立てる合わせで抜ける時は横に合わせるといいと前に読んだことがあります。

 

やってみるとその通り!

右か左かというのもあるでしょうけどしっかりかかりました。

メジナ35センチ

f:id:kyoya7zon:20180119220604j:plain

先ほどより潮位が下がったため、ランディングに苦労しました。

上顎にがっつりだったのでちょうどいいところだったのでしょう。3ヒロ。

沈め探りではなくほぼ固定仕掛け。

 

結局この後は何もなく納竿となりました。

ちょっと物足りない気がしますがあのランディングを繰り返していると腕がパンパンになりそうです笑

 

筋トレが足りないのかな・・・フカセはフカセでやっぱり楽しいですね!

また近々行ければいいなと思います。

 

ハイパーフォース欲しい。