釣れ然なるままに

釣りに勤しむアラサー妻子持ちのブログ。

11月28日 三浦でメジナ40センチ

こんにちは。

先週と同じ、友人と三浦の磯から大アジを狙いに出撃しました。

結果としてはアジ撃沈。20時半に撤収しましたが粘れば釣れたかも?この時期の夜釣りは結構しんどいところがあるので忍耐が必要です笑

 

入釣

城ヶ島の猪子前の離れでやりました。時間は13時半から。

いつも通り日中はグレ用、日が暮れてからそこへアミエビとアジの集魚剤を混ぜるパターン。

この日の水温が17度を下回っているのでおそらくタナは2ヒロ半と予想。

コマセを足元へ撒き、観察すると魚の姿が見えない。ちなみに凪です。

潮の色にもよりますが経験上、見えないということはいないか3ヒロ以上だと思っています。ルアーでもそうですがまずは深場ではなく上からしっかり調べて釣っていくのがセオリー。これをすると釣果がしっかり伴います。

青物の時にも書きましたが今どのレンジで釣っているのか、わかっているのわかっていないのでは雲泥の差があります。釣れた ではなく 釣ったになる要因です

ハリスを2ヒロ、そこから矢引でウキ止め。このウキ下なら遊動なし、ほぼ固定。

 

好みと状況ですが道糸とハリスの接続について、0号のウキを使用する場合は直結が仕掛けの入りが良くなります。ただし直結は慣れが必要、というかすっぽ抜けることもあります。ショックリーダーの結束みたいなものです。自分の技術が信用できないときはサルカンを使うのもいいと思いますが通常のサルカンでは重さがあるので0号では仕掛けなじみに影響する場合があります。そんな時には下記のようなプラスチック製のサルカンを使うと色々とスムーズにできます。

 

またラインマーカー的役割を担うので仕掛けの入り具合が見えるという利点があります。このサルカンの浮力要素は若干のプラス。潮受けゴムの大きさや塩分濃度で調整して見てください。0号だとそこまで関係ないような気もしますが00号、-0号になってくると沈む速度がかなり違います。

 

一匹目

3ヒロに変更し手前のサラシの下に根が伸びているのでそこへ入るように流します。コマセはサラシを利用して付餌と同調するように。このやり方でエサ取りが釣れるようなら遠投して分離すればいいわけです。とりあえず見えない以上は調査。

するとアタリが出るようになりました。沈み方的に本命っぽい気も。ただがっつり食う感じではなくくわえて吐き出しているような様子です。回収した時にオキアミがほぐれていたらその可能性があります。こうなるとどこで合わせるか考えもの。ワザと飲ませるか、即合わせするか。

細かい異変を取るべくウキではなく先ほど紹介したサルカン、ラインマーカーで仕掛けの角度を見ることに。通常フワッと入る仕掛けなのでこれが張った瞬間、アタリというわけです。ウキにも出ますが波などで???となることがあるため、仕掛けが見えるうちはそっちでアタリをとる。

f:id:kyoya7zon:20171129143138j:plain

30センチちょっとのいい形をしたクチブト。うまそう・・・

 

イナダ回遊中

友人は隣で遠投カゴ。14時と16時前にイナダをゲットしていました。

その予告として沖に船が二台、網を引っ張った後にイナダが釣れます。あの船もイナダを獲ってるんでしょうか。

f:id:kyoya7zon:20171129143407j:plain

がっつりイナダを狙うシーズンじゃないかもしれませんがまだまだ可能性はありそうですね。秋口より脂が乗っているかもしれません。うまそう・・・笑

 

キーパーサイズ数釣り

私の方はというとどうしたら釣れるか把握できたのでこっちのものです。日によってこれが把握できなかったりすると釣れるまでに時間がかかります。この日の予想としては夕まずめになるにつれ、タナが浅くなるだろうと。

f:id:kyoya7zon:20171129143704j:plain

いいところにフッキング。

この時、色々実験をして見ました。それはまた後日、記事にしたいと思います。

f:id:kyoya7zon:20171129143829j:plain

 

本命ばかり釣ってすげぇ!と思った方、安心してください、エサ取りもいますよ。(古いか)

f:id:kyoya7zon:20171129144129j:plain

タカノハダイ

 

目視できたのが超巨大アイゴがいたんですがなかなか食わせられないものです。大きいやつほど本当に難しい、外道でも。

 

予想通り16時の段階でウキ下は2ヒロまでなってました。浮いてくるとさらに釣りやすい。浮きすぎてもダメですが笑

フカセの合間合間にルアーを投げてましたが一度イナダが追っかけてきたくらいで他は何もなし。

 

夜釣り突入

毎回嫌なのがアジなど回遊魚はいつくるか待つのが苦手です。さらに夜ですからメンタル的なところも。今回も二人でボヤきながら釣りしてました笑

 18時半ごろ、回遊魚がヒット(姿を見ていないので)

しかしながら針ハズレか口切れかでバラす。この時、たまたまエビ撒き釣りについて話していてそれに寄ってきた!という夜釣り特有の妄想になりました。

バラした後は仕掛けを入れた後

エビ撒き!エビ撒き!と二人で呪文をかけていました笑

 

効果はなし。

19時半、またウキが吹っ飛ぶととてつもなく重たい。しかし回遊魚のように走らない。それでも慎重にやりとりし抜き上げようとすると重さが伝わりタモ入れすることにしました。アジとかは尺サイズでも抜き上げられますがこいつは重すぎる。

f:id:kyoya7zon:20171129145010j:plain

バーン!

40センチほどのクチブトメジナ。

 

三浦での最高記録を塗り替えました。

でもアジはどこへ・・・

 

この後しばらく粘りましたがアジは現れず、納竿となりました。

 

今回の釣果

f:id:kyoya7zon:20171129145254j:plain

みんなクチブトでしたね。潮が緩かったのか。でかいやつがオナガだったらそう簡単に上げられなかったでしょう。

いよいよ冬磯が始まる様子でワクワクしますね!

 

今回の釣行で自分なりに色々実験、研究をしたので後日書きたいと思います。

 

美味しくメジナをいただく

このサイズなら1匹で二人分の1食くらいになります。なので寿司に

f:id:kyoya7zon:20171129194946j:plain

それと炙り塩柚子

f:id:kyoya7zon:20171129195246j:plain

塩で食べるのもまた美味しいです。しかもゆずが利いているので香りも抜群。

 

大船ワンコインイタリアンMIRAでも提供中

また大船のイタリアンレストランMIRAでも今回のメジナを食べれます!

f:id:kyoya7zon:20171129195438j:plain

ガチで鮮魚のカルパッチョ。ぜひお試しください。

 

www.tsuri-life.com

今日まだあるか・・・はお店までお問い合わせください!