釣れ然なるままに

釣りに勤しむアラサー妻子持ちのブログ。

iPhone6sからiPhone8にしてみて感じたこと

先日、勢いでiPhone8を買って来ました。

今月で分割・・・2年縛りが終わる6s。前回は5sが2年ほどで故障したため6sに機種変換しましたが今回は壊れる前に機種変。車でいう車検の時に乗り換える感じです。

 

iPhone8にしてみて

f:id:kyoya7zon:20171123145357j:plain

どう変わったかどうか、そこまでまだ実感がありません。慣れない点としてはホームボタンが押し込めないこと。押し込む動作をするとドゥルっとなって今まで通りの操作ができます。これが慣れないで押し込み過ぎてしまう。

そのほかはカメラ性能が向上したとか色々ありますが実感はない状態。

重さもさほど変わらず使いにくいなとも思いません。

 

iPhone6sとiPhone8

サイズも変わらないならケースもそのままでいいのでは?と思い試してみました。

するとカメラの穴が合わない・・・

カメラの大きさが変わったこともありますが実は本体サイズも微妙に違いました。

高さ

iPhone6s 138.3mm

iPhone8   138.4mm

iPhone6s 67.1mm

iPhone8   67.3mm

 

厚さ

iPhone6s 7.1mm

iPhone8   7.3mm

 

重量

iPhone6s 143g

iPhone8   148g

 

カメラの穴がもともと大きいケースにはもしかしたら入るかもしれません。私の6sで使っていたケースにもiPhone8は入りました。ただカメラの一部をふさいでしまうというだけで。

 

アクセサリー

イヤホンジャックがないのでライトニングケーブルのイヤホンと充電器が付属されています。無線充電については今後発売。それなりのお値段します。

私は別に置くだけで充電される機能は必要ないと思っているので買う予定はありません。上手く使えば収納や配線周りが綺麗になりそうですね!

 

画面保護シートはサイズが大幅に変更になっていないので6、7、8と流用が効くものが多いです。画面の全てを保護することが理想ですが本体の端は滑らかに湾曲しているので貼る作業が難しい。またそこからめくれ始めたりもします。

私は最初から諦めて画面サイズより小さいけど平面で保護できるシートにしました。

 

強化ガラス液晶保護フィルムなど硬いものは貼り付けも簡単で位置を合わせてポンと置くだけで気泡も少なく張り付いてくれます。曲面まで保護するシートの場合は柔らかいためどうして気泡が入ったりして汚くなりがち。また全面保護フィルムを使った場合、ケースによっては干渉する場合があります。

こういった点から考えるとiPhone5sが好きです。あのカクカクした感じもかっこいいしサイズも使いやすい。

 

イヤホンジャックがないのでお手持ちのイヤホンを使う場合は変換ジャックが必要になります。

 

音楽関係者の私から率直にいうと、音質は低下します。しかし気になるほどではない。ちょっと音がこもった感じになりますが。。。

 

 

今後使っていってまた気になることなどあれば書きたいと思います。