釣れ然なるままに

釣りに勤しむアラサー妻子持ちのブログ。

中古釣具を高く売り、安く買うコツ

こんにちは。

今回は中古釣具の売買について書きたいと思います。

私が思う理想は車と同様、下取りに出して新しいタックルにするというのが良いななんて思ったりしてますが実際のところなかなか手放せないものです。

妻は某中古釣具店で働いていたこともあり、その裏事情知識を聞き出してみました。

 

釣具を売る

釣具って結構売れるものでナス型オモリもまとめてなら買い取ってくれます。不用品が眠いっている場合、年末の大掃除がてら近くの中古釣具店に持って行ってはいかがでしょうか。ゴミとして捨てるよりは少しでもお金に変えたほうがエサ代くらいにはなるかもしれません。

リールを売る

リールを売る場合、ラインはどうするか?

基本的には外しておいた方がいいです。スプールの中の傷を確認する事ができ、お店で糸を外す手間が減るので印象がいいそうです。

 

メンテナンスをしてから売った方がいいか?

巻き心地や傷が査定対象になるので塩が固着している場合や砂がらみなどでゴリ感がある場合は安くなってしまいます。自宅でできる範囲の清掃、メンテをしておいた方が高くなります。

また箱も一緒にあると査定が少し高くなります。

 

カスタムリールは?

通常より値が下がります。

が、カスタムリールとそれについていた純正パーツがついている場合はしっかりとした価格になります。理想はカスタムしていたリールを純正に戻して、純正リールとカスタムパーツとして売る方がいいとのこと。

ロッドを売る

ガイドのサビ、ヒビ、ガイドがSiCかどうかという点になります。

新しい機種の場合は箱も一緒に売った方がいいそうですがそのほかの場合は特に査定に関係ないようです。箱よりも付属の袋がある場合はそちらを一緒に売った方が印象がいいそうです。リールでは箱も欲しがる人が多いようですがロッドは逆にいらないという人が多いそうです。

グリップ部分の汚れについても査定対象。コルクだと結構黒ずんだりしていることもありますのでコルクが痛まないように洗浄しておくのがいいでしょう。ちなみに中性洗剤とスポンジで洗うだけで結構綺麗になります。

ガイドのサビ、ヒビはもう自分ではどうしようもないので日々の手入れを怠らないようにしないといけませんね。

 

ルアーを売る

ルアーの査定内容

・メーカー

・タイプ

・傷

メーカーというのは人気メーカーのルアーはやはり高く買い取ってくれます。私の経験だと傷物の使用感満載のima Sasuke裂波は高かったです。

 

フックはどうするか

著しくフックが錆びている場合や先が丸くなっている場合は外しておいた方が無難。付け替えてしまうとこっちのコストが高くなってしまうのでそこまでする必要はないです。

ルアーも各釣具同様にサビやヒビ、使用感で値段が変わります。

多少の使用感では値が下がる事はありませんがカスタムしていると一気に価格が下がります。

 

またルアーに関してはかなり地域差があるようです。

渓流に近い釣具店ではトラウトルアー、フライが高く売れます。また海や河川に近い場合はシーバスルアーが高くなったします。隣町というだけで値段が変わることもあるのでチェックしてみてください。

 

釣具を買う

掘り出し物

買取を行う店員さんによって値段が決まるので店員さんの知識に左右されます。

例えばヴィンテージルアーが100円で売っていることも。その逆も然り。

自分の目で確かめてみましょう。私はDUEL アイルマグネットが200円で売っていたので即買いました。これは往年の名機と言われたルアーです。今は廃盤なのでなかなか手に入りません!ラッキー。

 

状態の信用度と保証

中古品の怖いところは状態です。これも店員さんの判断によるものなので一概に信用していいものか。チェック項目はマニュアル化されているそうなので目安にはなりそうです。

例えばスプールに傷がついている場合にはBランクとわかりやすく分けられているらしい。しかしその前後Bマイナスだったりの基準に差があるのでやはり目安。

中古釣具店では新品は他店同様に保証書がつきますが保証期間内の商品が売られても保証書を破棄するので保証はありません。

購入の際に中古商品のため状態については保証できませんと説明を受けるはずです。交換返品もできないので自己責任になります。ネットで買う場合は電話による問い合わせなのでこちらの方が博打になります。

お店として信頼を得る必要があるので状態ランクをごまかす事は基本的にない。そりゃ当然ですよね。紛い物ばかり売ってたらお客はつきませんから。ある程度は信用して、最終的には自己責任ですよ、と。

 

 店員やってて困った話

妻が言うには女性店員も割と多い。しかしお客様は男性が多い。

ここで出会いのきっかけとなり交際することもあるそうです。不倫も含めて。

過去にはそれで離婚裁判になった事例もあるそうです。

 

ほう

 

これは釣具店だけの話ではないですね。

 

自作釣具、仕掛けの持ち込み

変な話、ハリスに針結んで持ち込むこともあるそうです。この場合は買い取れる地域なら格安で買い取ってくれるそうですが売ろうと思って作るのであればやめておいた方が良さそう。竿やリールについても同様です。

 

 

まとめ

楽器もそうでしたが売る場合はやはりいかに新品に近いか、またはうまく保存していてヴィンテージになるかで高くなりますね。

私は結構釣具を整理の際、売りますが購入時の金額と比較すると全然大したことのない金額です。それでもゴミになるはずだったものが釣りの足しになるのであればいいと思います。余談ですが妻が働いていた某中古釣具店はシマノと仲が悪いらしい笑