釣れ然なるままに

釣りに勤しむアラサー妻子持ちのブログ。

10月20日 三浦地磯でヒラスズキを狙うもイナダが釣れる

昨日は明け方雨でしたがちょっと波が出る予報だったのでヒラスズキを釣りに三浦へ。夜明けと共に磯に入りましたが何やら静かな感じ。いつもだと波の音とかが結構聞こえるんですが風の音のみ。

これは・・・

と思っていると案の定、いい感じの凪。フカセやるにはちょうどいいです。凪すぎず、荒れすぎず。波も定期的にくる程度で基本的には静かな海面に強めの北風で表面を撫でるくらい。

 

ヒラスズキの出そうなポイントを探す

ヒラスズキを釣る上で基本となるのは歩くこと。たまに釣りをしている時間より移動してる時間の方が長いときもあります。私は割とあっさり移動し、戻ってくるタイプ。粘りたいなと思うんですが他のポイントも気になるのでよく言えば、テンポよく移動してます。

北風で波が西側からきてました。この場合にいくつかいい感じのサラシが出るポイントを知っていたので見に行ってみるとサラシが薄い

やらぬことには始まらないので叩いて回ります。1時間ほどしたら潮位が下がり沖にいい感じのサラシが!普通のルアーでは到底届かないのでシンキングペンシルで狙います。かなり真剣に遠投しないと届かないところ。実績もあるポイントなのでしっかり攻めておきたい。

青物も狙えてヒラスズキにも使えるお気に入りのシンキングペンシルがこちら。

 

7,80メートルは飛びます。この日は追い風もあって90メートル届くかどうかくらい飛びました。沖のサラシを狙う、青物にはかなり重宝します。

結局ヒラスズキは出ないのでまた歩き、干潮時間を踏まえて沈み根のあるポイントへ移動。

 

青物狙いに変更

この時7時になってました。夜明けから歩いてもう移動、これくらいのテンポなんです。いいか悪いかは置いといて笑

f:id:kyoya7zon:20171020184205j:plain

沖に沈み根!これを狙います。

すると何やら海面がモワッと。青物っぽい感じではない。

同じコースをサイド狙うとヒット。軽い・・・ゴミ?それでもプルプルと手には伝わってきます。

f:id:kyoya7zon:20171020184535j:plain

サヨリ・・・ではなく

ダツ

危ない魚ですよ!抜き上げる時に飛んでくることもありますので注意が必要。今回は手前の時点で気がついたので慎重に回収。フックを外しさようなら。

ちょっとヒヤヒヤしました。ちなみにルアーは先ほど紹介した

DUEL ハードコア ヘビーショット 105mm

海面がざわついているのがダツだけではないだろうと思いここで青物狙いに変更。

ダイビングペンシルの出番。私のよく使うロックウォークはこの状況下では厳しい。というのも

・強風で道糸が引っ張られ、ダイブミスが多い

・足場が高いところだったので足元まで引けない

という理由でした。

f:id:kyoya7zon:20171020185112j:plain

そしてイナダゲット。連発するかと思ったらこの一匹の後が続かず。

短い時合

しばらくシンキングペンシル、ダイビングペンシル、ミノーをローテーション。海面を注意深く観察しながらやっていましたが特に変化なし。

特に理由はありませんが小移動。

すると40分後。

f:id:kyoya7zon:20171020185426j:plain

前触れもなくヒット。ドラグがギュンギュンいうので期待したのですが45センチといつものよりちょっと大きいくらいですね。

 

このキャストで狙っていたのは風下側にできた潮目。

 

今回も後が続かず・・・はぐれ回遊魚なのか??

キャスト方向を変えたりしますが特に反応なし。この時ほぼダイビングペンシルしか使っていません。メタルジグという手もありますが個人的には効率がいいとは思えず、ダイビングペンシルにより誘い出しでアピールすることが一番早いと判断しました。

 

ダイビングペンシルを潜らせると何かヒット。

ダツっぽい感じがしたので警戒、目視すると細長い奴が付いてくるじゃぁありませんか。もう危ないのは勘弁・・・

f:id:kyoya7zon:20171020190046j:plain

サヨリ

ルアーで初めてサヨリ釣りました。いいところにかかってますがスレがかり・・・なのか。

箒引きをずっとするよりはピッチを変えたり、ダイビングを長くしたり色々やっていると反応を得られることもあります。

10時納竿

午後の予定もあるので最後に投げてやめよう。

ルアーマンでよくあるのがあと何投で帰ろう・・・が伸びるパターン。

あと3投でやめようと思った1投目。

 

f:id:kyoya7zon:20171020190738j:plain

 

満足したので帰ります。

ちなみに今回のあたりルアーはこちら。

マリア ラピードF130 ケイムラアワビ

 

高い足場でも足元まで引けますしロックウォークより飛ばせます。

がサイズがちょっと大きくなってしまうので日によっては食わせにくいかもしれません。アクションはいわゆるヌルヌル系のおとなしいダイビングペンシル。

 

ヒラスズキを狙いに行った結果、いつも通り青物が釣れました。

釣れないよりはいいですがそろそろ青物シーズンも終わりかなと思うと切なくなります。

この日は珍しく7時〜10時まで、まとまって釣れることはありませんでしたが粘る価値があった日だと思います。週末台風が接近するのでその後、どうなるか・・・

また安全になってからいきたいと思います。