釣れ然なるままに

釣りに勤しむアラサー妻子持ちのブログ。

野菜高騰でやはり盗難被害・・・

8月の天候不良により各野菜の根が上がっているのはご存知の通り。

そんな中でやっぱりやるのが高くなった野菜の盗難、転売。予期していた訳ではありませんがきゅうりやトマトやなす、シシトウは高くなっても家庭菜園で十分食べて行けるほどの収穫になってます。

f:id:kyoya7zon:20170911190808j:plain

こうゆう時に家庭菜園が無事実っていると家庭のお財布の補助になるので嬉しいですね。

 

ミニトマト500キロ、北海道で盗難

newsjapan24.com

我が家でもちょうどミニトマトが収穫期です。日々熟れたやつを収穫して食べています。北海道では500キロというものすごい量。これらは高くなった野菜=売れるので転売目的の窃盗なのは明らかです。(食べる目的なら500キロも食べきれないでしょ)8月にも盗難にあっているらしく被害総額はなんと230万円相当!!

被害にあった総量1960キロ

つまり1キロあたり

1170円

今回被害にあった北海道では天候不順により生育が悪いので高くなるそうです。

 

夏野菜が高騰

7月の猛暑、8月の長雨で夏野菜全体が打撃を受けています。我が家でもナスの皮が割れたり、きゅうりが育ちきらなかったり、トマトが赤くならないとか色々ありました。

昨年と比較して

きゅうり 62%

なす 54%

値上がりしたと書いてる記事もありました。

www.bloomberg.co.jp

 

高くなってしまうと買うのをためらってしまいがちですが季節野菜は(旬の野菜)栄養的にも優れており積極的に取り入れたい食物です。あと夏野菜の特徴は、体を冷やす効果があったり夏バテしにくいなどなど・・・あとは暑くても食べやすいものが多いですね。夏の磯釣り、クーラーに冷やしたトマトときゅうりを入れてる人も結構います。

プロでもいます。理由は先ほど述べた通り、体を冷やすから。

フライパンの上みたいになる夏磯ですから倒れないようにする工夫ですね。私は梅で作ったシロップを水、ひとつまみの塩を入れて持って行ってます。

 

家庭菜園でも盗難被害

農家さんだけでなく野菜が高騰すると家庭菜園も被害にあう場合があります。規模が大きい菜園でしたら転売目的でしょうけど小さい家庭菜園だと通りかかった人がちらっと今高い野菜を必要数もぎ取ってしまうこともあるそう。

道に面しているとその可能性が高くなります。昔でいう、学校の帰りに人の家の柿をパクったみたいな感じでしょうか。人だけでなく鳥や猫など動物も野菜を取っていきますからなかなか難しいところです。

よく言えば、人も動物もパクるほど美味しい野菜ということです。

f:id:kyoya7zon:20170911192145j:plain

夏野菜もそろそろ終わり、秋が深まるとまた違った旬の野菜になります。また天候次第なところではありますがどうにか平常価格になっていただけると助かります。

 

家庭菜園でどうにかしようと思っても結局は同じ気候、天候なので農家さんが不調なら家庭菜園もイマイチになりますがないよりはマシになる場合もあります。

最後に、うちの畑の今月の種まきは

・大根

・白菜

でした。冬に向けて、鍋要員として!