釣れ然なるままに

釣りに勤しむアラサー妻子持ちのブログ。

手足口病になってることに気がつかなかった

こんばんは。

先日突然息子の二の腕、太ももに赤い発疹ができました。パッとみた感じでは虫刺され。皮膚病かもしれないなと思って病院に行ったら・・・なんと手足口病でした。

 

f:id:kyoya7zon:20170904203425j:plain

 

_(:3」z)_

 

手足口病とは

夏に流行るウイルス性感染症のこと。7月にピークを迎えるそうです。

発症するのはほとんどが5歳未満の子供。保育園、幼稚園で流行ったりしてますね。うちの子が通っている保育園でも先月何人か手足口病でお休みしていました。

とはいえ、それほど重症化することはないそう。

・手足口病

・プール熱(咽頭結膜炎)

・ヘルパンギーナ

と子供の三大夏風邪と呼ばれています。

稀に大人にも感染し、その場合は子供より大変なことになります・・・はしかと一緒ですね。

手のひら、足の裏に細かい発疹ができるとは限らない

手足口病といえば手のひらや足の裏、口の周りと中に発疹ができる病気だと認識している方も多いでしょう。私もそうでした。しかし発疹ができるのはその時々、人それぞれだそうで必ずしもできるわけではないそうです。

うちの子は、先ほども書いたように二の腕、ひじ、太もも、ふくらはぎに数個ずつ蚊に刺されたような発疹ができていたくらい。発疹がいくつかあった時に手足口病かと疑いましたが口や手のひら、足の裏にできていないので保育園の先生も我々も手足口病だとは思いませんでした。

また熱も出たり出なかったり。もしかしたら検温してない時に一時的に熱が出ていたのかもしれません。

 

手足口病の治療

とりあえず疑わしい場合は病院に連れて行くのがいいと思います。うちの場合は咳が止まらないので病院に行くついでに発疹をみてもらいました。そこで手足口病の診断が出たんです。

薬は特になく、かゆみがひどい場合には塗り薬。口内炎がひどい場合には鎮痛薬を処方するそうですがうちの子はすでに治りかけ、なおかつ食事もいつも通り取れて熱もないので・・・おしまい。でした。保育園にも発疹が治ってること、食事が取れること、熱がないことで登園しても構わないと言われそのまま保育園に行きました。

手足口病のウイルスが体外に放出されている時は他の子に移ることがあるので登園を控えるよう指導しているそうです。これも医師の判断を仰ぐのが良いでしょう。

 

ちなみに咳ですが・・・季節な変わり目や気温差によって咳が出ているので心配ない、喘息や肺の場合は音でわかると医師はおっしゃっていました。大人でも咳が増える時があるのでそうゆうことなんでしょうか。

 

まとめ

・手のひら、足の裏、口にできる発疹だけではない

・特効薬はないので自然治癒が基本。3日〜6日ほど

・保育園、幼稚園へ行けるのは発疹がおさまり食事も取れて熱がない状態。医師に判断を委ねるのが一番です。

・感染ルートは接触感染などのため、こまめな手洗いうがいを心がける。乳児は手をふくなど。