釣れ然なるままに

釣りに勤しむアラサー妻子持ちのブログ。

シーバス・ヒラスズキ・青物も出来るタックル

こんにちは。

最近私が主に三浦半島でやっている青物やシイラを陸っぱりで釣る・・・巷ではショアジギングやショアキャスティング、ショアプラッキングと呼ばれています。

ショアプラッキングは青物をプラグで釣ること、ショアジギングはご存知の通りメタルジグを使った釣りという認識でいいかと思います。ショアジギングはさらに細かくいうとライトショアジギングだったりとありますが今回は割愛させていただきます。

 

f:id:kyoya7zon:20170807192217j:plain

 

今回はシーバス・ヒラスズキ・青物が狙えるタックルを紹介します。

 

 

ロッド

 

足場にもよりますが9ft〜11ftの間。9ftだとヒラスズキをやるような天候だときつい場面もあります。逆に11ftですと投げにくい、メタルジグが操作しにくいなどがあります。どこに重きをおくかで選ぶといいでしょう。ヒラスズキが多いなら11ft。メタルジグを使うことが多いなら9ft。地域的に足場が高いことが多いなら長い方がいいですね。

硬さですがミディアム・ミディアムハードあたり。40gが投げられるロッドがオススメです。なんで40gかというとメタルジグで割と頻繁に使う重さだからです。これ以上重くなるとタックルも大型化、本格化するのでシーバスをやる際にオーバースペックになってしまいます。

 

シマノ ディアルーナXR S1006M

 

ダイワ ラテオ106M・Q

 

アブガルシア ソルティーステージ SXSS-1032M-KR

 

リール

リールは大きすぎず小さすぎず。上記のロッドくらいに組み合わせるとなると多少大きめになります。出ないとロッドが太いのにリールが小さくバランスが悪くなってしまうためです。各メーカーにもよりますが3000番〜5000番がちょうどいいはず。シマノのC3000では小さすぎます。ギアはハイギアモデルの方が使いやすいです。

 

私が溺愛してるスーパーリールをご紹介。(ブログを読んでくれている方にはしつこいくらいの登場になります・・・)

シマノ ツインパワーXD 4000XG

 

シマノ バイオマスターSW 5000XG

 

ダイワ ブラスト 4000H

 

アブガルシア オーシャンフィールド 5000

 

手頃に買える範囲で戦力になるリールだと思います。悪口ではありません、しつこいようではありますがディスってるわけではありません。

アブガルシアのリールを新品で購入したら一度丁寧に分解してグリスアップ・・・ではなくグリスダウンすることをオススメします。全てがこの限りではありません。

 

ざっと書いてみましたがいかがでしょうか。

仕方のないことですが港湾のシーバスでは大きすぎる、ショアジギングでは軽すぎるといったタックルです。しかしこのセットで幅広く出来るので余計なお金をかけず色々釣りたいと思う方にはオススメです!