釣れ然なるままに

釣りに勤しむアラサー妻子持ちのブログ。

コンポスト(堆肥枠)を作る

こんにちは。

畑に釣りに育児に忙しいきょーやです。春ですがまだうちの庭には大量の落ち葉があります。これをうまく利用できないか。。。と考えた結果、堆肥枠を自作することにしました!

 

コンポストとは

 

生ゴミや枯葉、草などを発酵、分解させて堆肥を作る入れ物?のことです。

早ければ3ヶ月ほどで堆肥になるらしい。発酵させるのが難しいとも書いてありました。生ゴミも堆肥になりますがコンポストに入れる際は水気をよく切りましょう!あと臭いの出る、出やすいものは近隣環境を考えてから入れたほうがいいです。入れてからだと大変めんどくさい事態になります。

 

堆肥の役割

堆肥自体に栄養分はそこまでないそうです。しかし土を作る上では必須。水はけをよくし水もちをよくし・・・矛盾してますがそれを備えているのが堆肥。

さらに微生物、ミミズの活動にも影響するので化学肥料では補えないところが多いです。どうせゴミになるなら畑に活かしましょう。ゴミ袋有料ですしね・・・意外と高いんですよ。しかも破れやすい。

わざとでしょ?

ゴミ押し込むと破れる強度で作ってるんでしょ???

と言いたくなるくらいヤワなゴミ袋。値段は高級なゴミ袋。

 

ほら、堆肥を作りたくなった!笑

 

コンポスト・堆肥枠を自作する

日当たりのよく、畑に近い位置に設置しようと思います。

f:id:kyoya7zon:20170404224226j:plain

材料が家に転がっていたので今回無料で材料揃いました。

親の家をリフォームした際の端材で作ります。どんな風にすればいいか。簡単な話、枠を作ってそこに落ち葉とかを集約すればいいんです。

四方を覆うのは床の仕上げ材。これを80センチの正方形になるように切り出します。

f:id:kyoya7zon:20170404223752j:plain

測ってのこぎりでカットした後は今後堆肥枠を上積み出来るよう枠のガイドを作っておきます。それをインパクトで一気に組み立てる。

f:id:kyoya7zon:20170404224046j:plain

この細い板にまっすぐにビスを打ち込むのが難しい。前職の技術があってよかったとこの時初めてクソ建築会社の経験が生きました。

 

これで枠が完成!作業開始から約1時間半程度です。

材料と道具さえ揃っていれば簡単に作ることができます。

 

コンポストに素材を入れる

これを設置し、落ち葉や水気を切った生ゴミを入れて土をかぶせます。

f:id:kyoya7zon:20170405163241j:plain

発酵をしたり、追加で落ち葉を入れる場合には落ち葉の上に米ぬか、その上に土

このようにミルフィーユ状にすると発酵が進むそうです。落ち葉を拾っても増えてしまう秋や冬にはいいですね。

雨に濡れないように屋根を作ってもいいですし、私はめんどくさいのでブルーシートをかぶせて濡れないようにします。

 

一ヶ月に一度はかき混ぜるといいそうです。3ヶ月から半年ほどで堆肥の完成。

時間はかかりますが元はゴミになるものだったと思えば得した気分になるはず!

お試しあれ!